2008年8月アーカイブ

MCPC1級テキスト改訂版「モバイルシステム技術テキスト エキスパート編改訂版―1級対応」と
旧版のMCPC1級テキスト「モバイルシステム技術テキスト エキスパート編 ―1級対応」を比べてみました。
ページ数は、451ページから465ページになり、14ページ増加しています。
章構成は、ほぼ同じです。全面刷新ではなく、細かいところを、こつこつと改訂して出来上がっている感じです。
追加された内容は、

  • 無線アクセスでは、ソフタ・ハンドオーバの追加
  • コアネットワークでは、EPC/CANの追加
  • IPネットワークでは、CommonIMSの追加、
  • 端末では、スマートフォンの追加
  • コンテンツでは、NFCや音声認識の追加
  • 法律関連では、電子消費者契約法、携帯電話不正利用防止法の追加など、

などです。
追加といっても全体で14ページしか増えていませんので、大幅な追加ではありません。
「ここが変わった!」という改訂ではなく、全てのセクションに少しずつ手が入っています。
模擬試験や講習会を「改訂版」対応に刷新するために、今も詳細な新旧比較が続いています。

値段は変わらずに5,040円(税込)のままです。
MCPC1級テキスト改訂版が、出版されました。
正式な書名は、
モバイルシステム技術テキスト エキスパート編 改訂版―1級対応
改訂版 という3文字が入っているのが今日から発売の新テキストです。
新版も旧版も見た目はよく似ています。新版は緑、旧版は青のイメージがあるのが違いです。
改訂版の3文字と緑の感じを手がかりに見分けてください。

text1.gifmcpc1rev.gif

カスタム検索

月別 アーカイブ