Symbian は、Nokiaにあらず

| コメント(0) | トラックバック(1)
Nokiaは、600人ほど人員削減をするそうです。2008年第3四半期決算が,前年同期比べ5%減収と,30%減益だったせいです。
フィンランドのトゥルクにある工場も2009年1月末までに閉鎖するそうです。

リストラの一方で、Nokiaは、Symbianを6月に買収しています。Symbian OSは、オープンソースになり、Symbian Foundation参加企業にライセンスフリーで公開するそうです。
Symbian Foundation参加企業は、DoCoMo、英Vodafone、米AT&T、Sony Ericsson、Motorola、韓LG Electronics、韓Samsung Electronics、スイスSTMicroelectronics、米Texas InstrumentsそしてNokiaの10社
Symbian Foundationが活動を開始し、オープンソースになるのは09年からの予定です。


ただし、こういう話は検定では出題されません。
MCPC検定テキストでは、「Symbian OSは、英Symbian社のOS」ということになっており、オープンソースでもありません。去年改訂の2級テキストはもちろん、今年8月に改訂されてた1級テキストでもそうなっています。
Symbianは、NokiaのOSだなんてことは忘れましょう。

ちなみに、Nokiaは、ドイツ、ボーフムの工場を2008年6月30日に閉鎖し、2300人をリストラしているので、今年は合計2,900人のリストラです。
Nokiaグループの従業員は55,000人いるので、19人に1人がリストラされたことになります。
Nokiaは、4年間で従業員6万人のうち10~15%を削減する計画を去年発表しています。9000人を2010年までに削減する計画です。
今年の2,900人はこの9,000人の一部なのでしょうか。

Nokiaだけでなく、携帯メーカーは、最近暗いニュースを発信しています。
三菱電機や三洋電機は、携帯事業から撤退。ソニー・エリクソンは、ドコモ向け携帯の開発・製造から撤退。NECは海外向け携帯電話機事業の縮小。

一方、通信事業者は、軒並み増益傾向です。
ドコモは、携帯の販売台数が前年同期比19.8%減となったが、販売手数料や端末原価も下がったので、減収増益。
ソフトバンクモバイルも、携帯端末の販売台数が20%減だが、ソフトバンクとしては営業利益7.3%増で、全体的には減収増益。
KDDIも携帯電話事業は減収増益、全体では増収増益。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/219

原価管理:田中雅康の原価管理 - 原価管理:田中雅康の原価管理 (2008年11月16日 17:17)

はじめまして、いつも楽しく拝見しています。日本経営システム協会会長、東京理科大学名誉教授の田中雅康が原価管理について説明します。 続きを読む

コメントする

最近のブログ記事

Bluetooth 5
Bluetooth 5 をBluet…
auから1980円プラン
h4{ font-size:120…
格安SIMシェア上位3社で45%
格安SIMのシェア調査結果を、ICT総研…
カスタム検索