Androidケータイ SIMフリー版試用記事

| コメント(0) | トラックバック(0)
「日本でも使える!AndroidケータイのSIMフリー版を試す」という記事がascii.jpにアップされていた。
 http://ascii.jp/elem/000/000/201/201085/index-3.html

国内キャリアで使用できるのは、電波の周波数の関係上ドコモとソフトバンクだけであるとか、それぞれのAPNの設定は、

    キャリア     APN     Username     Password

    ドコモ mopera.net なし なし

    ソフトバンク softbank ai@softbank softbank
であるとか、「mopera U」(http://www.mopera.net/)のサービス申し込みが必要であるとかまで記載されている親切な記事です。
ただ、APN(Access Point Name)って何? という人まではフォローしていない。
MCPCモバイルシステム技術検定1級対応の「モバイルシステム技術テキスト(改訂版)」P185には、APNに言及している。MCPC1級レベルの知識を持った人にはちょうど良い記事だと思う。
MCPC1級を受験する人は、SIM、USIM、UIMなどとともにAPN、PDP(Packet Data Protocol)コンテキスト、UE、SGSN、GGSNなどもカバーしておきましょう。

それにしても、大晦日の朝9時にアップしているなんて、ascii.jpさんは、勤勉ですね。

ちなみに、"Android Dev Phone 1"に、技適マークが付いていない限り、国内で電波を出せば電波法違反(懲役1年以下 又は100万円以下の罰金)になる点は言及していません。
お堅い法律なら無視というスタンスなのかどうか・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/252

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ