EXIF

| コメント(0) | トラックバック(0)
 日本の規格EXIF(エグジフ)が、オバマ大統領に承認されました(オバマ大統領の公式写真 が、歴代大統領の公式写真として初めてデジカメで撮影されて公開されました。その画像にEXIFデータがついていました)。

 EXIFは、1994年に富士フィルムが提案し、1995年に日本電子工業振興協会(JITA)が規格として制定した日本発の規格です。日本のデジカメ各社が採用し、日本のデジカメが世界を席巻したので、今やホワイトハウス御用達の世界規格です。EXIFをベースにしたDCFもあります。日本発だということは、日本カメラ工業会のEXIFのページ でも主張しています。

 EXIFは、MCPC検定試験1級の範囲ですので、MCPCモバイルシステム技術テキストエキスパート編(改訂版)1級対応で内容を確認指定ください。静止画のフォーマットとして記載されています。
 検定テキストには、EXIFは、「高品質印刷のために画像の中に撮影時の情報なども記録している」いると記載されています。

 で、オバマ大統領の公式写真をダウンロードして、EXIFデータを見てみると。撮影日時は2009年1月13日 17時38分。カメラはキヤノンEOS 5D Mark II でレンズは焦点距離105mm。露出はパターン測光による主導で、シャッター1/125秒、絞りは10.0、感度はISO100。Adobe Photoshop CS3を使っています。
 これでキャノンは、ホワイトハウス御用達です。キャノンさんオメデトウございます。ハードはキャノン、ソフトはAdobeというこの組合せをみると、日本はハードは強いが、ソフトが弱い国だということを再認識します

 EXIFデータはファイルのプロパティで簡単に確認見ることが出来ます。プロパティで表示されるデータがEXIFであるということの確認したい方は、画像ファイルをダンプ(テキストエディターで無理矢理表示させても可)してみてください。先頭にEXIFといいう文字とと もに、CANONなどのデータが記載されているのが見えます。これが、画像の前に付加されてるEXIFデータです(APP1部)です。このファイルフォーマット等は、JITA のEXIFのページを参照してください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/272

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ