Windows 7 はドライバが課題

| コメント(0) | トラックバック(0)
 このブログの主旨からやや外れますが、Windows 7 のインストール結果を見に来ている人がとても多いので、Widows 7 をチューンナップしてみました。

結論:
グラボのドライバを、ATI Mobility Radeon 7500(Omega 3.8.252) に変更したら、パフォーマンス向上。
ただし、問題有りでした。

ここからは、その経過です。ドライバの更新は、一筋縄ではいきませんでした。
まずは強化すべきポイント探し。
コントロールパネルから、パフォーマンスを選択して、WEI(Windows エクスペリエンス インデックス)を見ると、以下のとおりでした
 

プロセッサ

2.9

メモリ

3.9

HDD

2.9

グラフィックス

1.0

ゲーム用グラフィックス

1.0


WEI は1が最低で、7.9が最高です。グラフィックスが最低点。
オフィス系ソフトは十分以上に使えますが、動画はややもたつくし、3D表示はレンダリングモードになって2Dになってしまいますので、グラフィックが最低評価なのは頷けます。
Windows 7 をインストール したPCは、Thinkpad T41(CPU 1.6G,MEM768M, REDEON 7500) です。

そこでグラフィックの強化です。
とはいえ、ノートでグラボ置換の荒技は無しです。ドライバを見てみました。
グラボのドライバは、ディフォルトでは、「Microsoft 標準VGAアダプタ ドライバVersion 6.1.7000」が入っていました。

普通にLenovoのサイトでドライバを探すと、W7はおろかVista用ドライバも無し(PC古いからな~)。
そこで、XP用のドライバでトライ。LenovoのサイトからT41、XP用のドライバ、8.133.2.1.1.1-070206a-043154C  2007年8月31日ATI Technologies Inc. Ver.6.14.10.6547 2007/02/06 をダウンロードして展開する。
インストールラー(SETUP.EXE)は使えない(起動しない)。そこで、デバイスマネージャからドライバの更新をすると署名の問題などもなく。対応ドライバとして順当にインストールされました。

で、CRYSTAL MARK 2004 R3を走らせてみました。

 

OSのみ

デフォルト状態

AVGなどの

アプリ導入後

③ディスプレイドライバ更新

(2)の状態でATIドライバに

MARK

23598/23715

20381

26839

ALU

5511/5456

5498

5207

PFU

5849/5885

5352

5401

MEM

2943/2944

2907

2660

HDD

4026/4250

3359

3289

GDI

2038/1953

1137

3103/3122

D2D

2720/2700

1710

3250/1436/1830

OGL

511/527

418

6455/5724


/で区切られた複数の数字があるのは、複数回のテスト結果
AVGなどもONのままで計っているのでD2Dの値は凸凹していますが、改善はしています。

で、WEIを見てみると、「AEROを評価しています。」なんてメッセージを出しながら評価を始めます。
しかし、ドライバ更新後はWEI 評価中にフリーズします。何回トライしても同じ。3D表示を行うゲームなども固まります。
(-_-)

新しいOSには、ドライバの問題はつきものと思ってあきらめずに(動画編集や3Dゲームをやりたい訳ではないので、どうでも良いのですが)、まずは標準ドライバに戻し再トライ。

ATIのサイトにノート系のドライバは無いので、Omega Driverです。
Omega driverのページ  にCatalyst 6.6以降は、Radeon 7k Seriesはサポートしませんので、それより前のバージョンを選んでね。と書いてあるので、Catalyst6.5の最新版  3.8.252をアーカイブからダウンロード
(IE8のデフォルト設定では、セキュリティに引っかかってDLできないので気をつけてください)

XP/2000用だが、気にせずインストストール。今度は、インストーラが正しく起動。「XPか2000用だけど、良い?」と聞いてくるので、OK!でDriverだけを選択してインストール。
無事完了と思い再起動。しかし、ドライバは変わっていませんでした。
(-_-)
署名が曖昧だから弾かれているのだろうと思いつくまで、しばし悩む。
「ドライバ署名の強制を無効にする」モードをを選択してで立ち上げて(起動時 F8押下)、デバイスマネージャーから、ドライバの更新を始めました。
なんと、Windows 7 ultimate β(Build 7000)には、NVIDIA、Intel、Microsoft
の3社のドライバしか付いてこない。β版だからとはいえ、Geforce 系と、インテルのチップセット内蔵ドライバ以外は、標準ドライバで我慢というのは寂しすぎる。

で、フォルダを指定してインストールするドライバを指定(「ドライバ署名の強制を無効にする」モードをでないと、この指定をするメニューは出てきません)してインストトール。
フォルダは、先ほど失敗に終わったセットアップで出来たフォルダ C:\Program Files\Radeon Omega Drivers\v3.8.252\2KXP_INF
ここを指定すると、ATI Mobility Radeon 7500(Omega 3.8.252) が表示されるので選択して次へ。
「ドライバを検証出来ません。インストールしますか」と聞いてくるが、OK!で次へ

めでたくインストール完了。そしてWinodows再起動。
再起動後、プログラム互換性アシスタントが、「互換性に問題があります」というポップアップを出す。
しかし、「実行する」を選択して、強行。
(「今後、このメッセージを表示しない」をクリックしないと毎回出ます)

デバイスマネージャーで確認すると、
ATI Mobility Radeon 7500(Omega 3.8.252)
にめでたく更新完了。

WEIを測定。今度はフリーズせず。測定完了
しかしWEIは変わらずで、グラフィックは1.0のままでした。

で、ベンチマーク(CRYSTAL MARK2004R3)を実行。数値はは確実にアップ(*^_^*)

 

(1)

OSのみ

デフォルト状態

(2)

AVGなどの

アプリ導入後

(3)

ディスプレイドライバ更新

(2)の状態でLenovo ATIドライバに

(4)

ディスプレイドライバ更新

(2)の状態でOmega Driverドライバに

MARK

23598/23715

20381

26839

29345/29756

ALU

5511/5456

5498

5207

5484/5499

PFU

5849/5885

5352

5401

5879/5913

MEM

2943/2944

2907

2660

2907/2947

HDD

4026/4250

3359

3289

3301/3452

GDI

2038/1953

1137

3103/3122

4260/4240/4341

D2D

2720/2700

1710

3250/1436/1830

1819/1818/1816

OGL

511/527

418

6455/5724

5873/5716/5788


ゲームの3D表示も問題無し。うまくいきました。

で、最後に問題発生です。
使用中は、全く問題ないのですが、シャットダウンするとクラッシュします。
互換性問題は、atiptaxx.exeが非互換だと言っています。クラッシュダンプ表示を見ると ait2dvag.dll が原因だと言ってます。
スリープもNG、休止もNGです。   (-_-)

Windows 7 β版についてくるドライバは、種類が限られています。自分のPCにあったドライバがあればパフォーマンスが向上するのは明らかですが、きちんとしたドライバがありません。

パブリックβ版の有効期限は8月1日になっていますので、それ以前には正式版がリリースされるだろうと思います。
ベータでなくなれば、古いチップのドライバもサポートされることを期待しつつ、それまでは、標準ドライバで我慢するしかなさそうです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/270

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ