オプトイン規制初摘発

| コメント(0) | トラックバック(0)
 経済産業省の発表によると、改正特定商取引法のオプトイン規制違反による初の摘発があったそうです。

 オプトインって何? では済まない時代になりました。
 昨年、オプトン規制を盛り込まれたのは、総務省の「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(特電法)」と経済産業省の「特定商取引に関する法律(特商法)」の二つです。
 両法とも、オプトイン規制とともに、同意記録の保存期間を設定していますが、保存義務期間は、特電法は1か月、特商法は3年、となっています。自分がどちらの法律に規制されのかよくわからない場合は、長いほうに併せて3年保存とするといった対応が無難です。

 各省の関連サイト
   当サイトのオプトイン規制 Q&A記事 

MCPC1級
 昨年改訂された MCPC検定1級対応:モバイルシステム技術テキスト エキスパート編(改訂版) には、特電法改正後のオプトイン規制も記載されており、1級検定(モバイルシステム)の出題範囲になっています。
 なお、特商法の章には、オプトイン規制の記述がありません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/324

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ