衛星経由のモバイル通信が登場

| コメント(0) | トラックバック(0)
人工衛星を使ったデータ通信サービス「インマルサットBGAN(Broadband Global Area Network)」が日本全国で利用できるようになります。使う衛星は、インマルサット衛星。
 端末価格が39万円 or 263万円(車載ユニット)。

イリジウム衛星携帯電話の新作も発表されています。
携帯端末が25万円で、月額5000 or 6000円。通話料は20秒毎に35から572円。

 どちらも空さえ見えれば通信可能。無人島でも、人跡未踏の山中でももOK。究極のカバーエリア(地下街等は弱点)です。

 BGANが全国で利用できるようになったのは、インマルサットI-4 F3衛星 (INMARSAT第四世代衛星その3)がロシアのバイコヌールからProton Breeze Mロケットで打上げられ運用を開始したからです。
 2007年度に新たに打ち上げられた衛星は、通信・放送衛星だけでも39基ありますので、寿命を終えて退役する衛星があるものの、衛星は年々増えています。

 通信用人工衛星をプチ整理です

 

用途

地球局

衛星の数

衛星

日本で利用

利用者

インマルサット

データ通信

移動可

11基
BGAN用I-4は3基

静止

YES

一般

イリジウム

携帯電話

移動可

66基

周回

YES

一般

Global Start

携帯電話

移動可

60基

周回

YES

一般

GPS

GPS測位

移動可

31基

静止

YES

一般、米軍

インテルサット/パンナムサット

音声、データ

固定

55基

静止

YES

通信事業者

ユーテルサット

音声、データ

固定

26基

静止

NO

通信事業者

スプートニク

音声、データ

固定

10基

静止

NO

通信事業者


 この表だけでも250以上の人工衛星があります。特に赤道上空の静止軌道上は混雑してており、商用通信衛星だけで、187基あります。軍事その他の衛星も沢山あるので、大混雑です。

 この前、衛星の衝突事故が起きましたが、今後は衝突が増えるかもしれません。、

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/338

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ