2009年8月アーカイブ

NEC+カシオ+日立が携帯端末事業を統合します。
携帯端末の2008年度の国内シェアは、
    21.6% シャープ
    16.8% パナ
    11.9% NEC
    10.1% 富士通
     8.4% ソニエリ
     7.4% 東芝
     5.3% 京セラ
     4.8% カシオ
     3.7% 日立
     2.2% アップル
NEC+カシオ+日立3社が合体すると、20.2% で2位になります。
世界でみると世界シェアトップ10に入っている日本企業は、
    38.6% Nokia
    16.2% Samsong
     8.3% LG
     8.3% Motorola
     8.0% SONY-Ericsoon
     1.9% RIM(Blackberry)
     1.4% 京セラ
     1.1% Apple(iPhone)
     1.1% HTC
     1.0% SHARP
であり、5位のソニエリ、7位の京セラ、10位のシャープのみ。
カシオ、日立、NECは世界シェア1%以下なので、世界市場で生き残るためには、統合は自然な流れかもしれません。
 となると、東芝、富士通が微妙ですね。
SATA 3.0のカードが販売されているそうです。
Intel の新CPU対応の Intel P55 Express 搭載マザーに同梱とのこと。

で、SATAの転送速度向上を振り返ると
 2001年 1.5Gbps「SATA Revision 1.0」
 2004年 3.0Gbps「SATA Revision 2.0」
 2009年 6.0Gbps「SATA Revision 3.0」
と2倍づつ増えています。
3.0対応のデバイスは来年発売だそうです。
やや値段の高いNetBookが、SATA Rev3.0 対応のSSD搭載して発売されるかな?
スピード重視でWiMAXとかもあったりするのか・・・

USBも高速化して世代が上がるごとに10倍以上高速化しています。
 1996年  12Mbps   USB 1.0
 2000年 480Mbps USB 2.0
 2008年 5Gpbs    USB 3.0
USB3.0対応PCは年末頃発売らしいです。
USB3.0対応の携帯端末は出てくるのだろうか。
来年のスマートフォンとかはUSB3.0搭載してくるでしょうね。
「Skype」での会話を盗聴するウイルスが出現したそうだ。

 SkypeがインストールされたPCで、音声がマイクからSkype、Skypeからスピーカ送られるときに盗聴し、mp3ファイルとして保存する。さらに、「バックドア」も作って、攻撃者がインターネット経由で感染PCにアクセスし保存されたmp3ファイルを盗み出せるようにする。

 音声がSkypeで暗号化される前に、マイク=>Skype間で盗聴するので、暗号化では効果がない。受信した音声もSkypeが復号した後に、Skype=>スピーカ間で盗聴するので、暗号化では防げない。
 Skypeのセキュリティホールを狙ったわけではないので、Skypeのセキュリティアップデートでも防げない。

 この仕組みを使えば、Skypeではなくても、スマートフォンでの音声通話も盗聴できそうだ。
 彼女/彼氏の浮気を調べるために、携帯やスマートフォンにウイルスを入れておき、通話を録音したmp3ファイルを後で取り出すなんてこともありそうです。
 Maemo 5.0を搭載したNokia N900が出ました。http://maemo.nokia.com/n900/

 N900は、Smart phoneでもなく、NetbookでもないInternet Tabletの新型です。
Maemoは、Symbian(S60)でもなく、Windows Mobileでもなく、Androidでもなく、LinuxをカスタマイズしたNokiaのOSです。http://maemo.nokia.com/

 モバイルデバイスのカテゴリーを創造するのが流行っているようです。
 Nokiaは、Internet Tablet というカテゴリーを定義しました。その最新製品が、N900。
UMPC:Ultra Mobile PC、 MID:Mobile Internet Device、PCD:Pocket Computing Device、MCD:Mobile Computing Device、NetTOP など各社が様々なカテゴリーを定義しています。
 みんな、ノートPCとケータイの中間のモバイル端末のことです。

 新しいOSを作るのも流行っています。
 AndroidやLiMoは、Maemo同様Linuxの子孫、Blackberry OS, Chrome OSなどもあります。

 SHARPは、ノートPCとケータイの中間のモバイル端末を作りLinuxベースのOSを載せて発売しましたが、NetWalkerという製品名を付けただけで、端末のカテゴリーを新たに作ったり、OSに新たな名前をつけたりしていません。

 混沌のなかから何が生まれてくるのでしょうか。
「SDK for FeliCa & Adobe AIR/Adobe Flash」を、Abobeがリリースする。
これで、Felicaを扱うFlashアプリが開発できるようになる。

Felicaを使うFlashアプリの例として、
  • FeliCa Liteに書込んだIDと、カード認証を組合わせて、Webサイトログイン機能を代行
  • 歩数計にFeliCa Plugを入れ、PCにかざしただけで歩数情報をWeb上にアップする
  • PCにFelicaカードでタッチするだけでブラウザを起動し、ID認証したりメディアを再生したりする。
などの例がAdobeのサイトhttp://www.adobe.com/jp/newsletters/edge/august2009/articles/article1/index.html に載っている。

Felicaチップの出荷は類計4億チップに達したそうなので、AdobeとしてはFlashをFelicaに対応させて、勝ち馬に乗ろうということでしょうか。
Intelが、Core i3, Core i5 を間もなくリリースします。Core i7 から i3までのラインナップを
リストしてみました。

ソケットLGA1366
 45nm Bloomfield L2 256KBx4/L3 8MB
  8Thread/4Core, Triple-channel (メモリ3枚挿し)
   Core i7-975 Extreme(3.33GHz)
   Core i7-965 Extreme(3.20GHz)
   Core i7-950(3.06GHz)
   Core i7-940(2.93GHz)
   Core i7-920(2.66GHz)

ソケットLGA1156
 45nm Lynfield L2 265KB×4/L3 8MB)
  8Thread/4Core
   Core i5-870(2.93GHz)
   Core i5-860(2.8GHz)
   Core i5-860s(2.8GHz)
 
  4Thread/4Core
   Core i5-750(2.6GHz)
   Core i5-750s(2.6GHz)

 32nm Clarkdale L2 265KB×2/L3 4MB +45nmGPU)
  4Thread/2Core
   Core i5-670(3.46GHz)
   Core i5-661(3.33GHz)
   Core i5-660(3.33GHz)
   Core i5-650(3.20GHz)
   Core i5-540(3.06GHz)
   Core i5-530(2.93GHz)
   Core i3-540 (3.06GHz) Turbo Boost非対応
   Core i3-530 (2.93GHz) Turbo Boost非対応
 
消えてゆくライン
   Core 2 Extreme QX9770(3.2GHz)
   Core 2 Quad Q9550(2.83GHz)
   Core 2 Quad Q9450(2.66GHz)
   Core 2 Quad Q8200(2.33GHz)
   Core 2 Duo E8500(3.16GHz)

CPUソケットの違い、メモリのインターリーブ数(2枚挿しか、3枚挿し)の違い、
CPUチップにGPU内臓有り/無しの違いなど、マザーボードに影響のある違いが
多々あり、この違いを跨いでCPUを交換する時は、マザーの交換が必要に
なります。

その他にも、Turbo Boost の有無、サポートするスレッド数、搭載コア数など
ここに記載した違いの他にも、発熱量(TDP)などの違いもあります。
同一型番でsがついて低発熱とか、プロセスによる発熱量の違いとかです。
GE ファナック・インテリジェント・プラットフォームス株式会社は、米国陸軍用の重戦車エイブラム(ABRAMS http://www.fprado.com/armorsite/abrams.htm)に搭載するレイヤ3スイッチを65万ドルで開発し供給する契約を獲得したそうです。今後5年間で8.7億円分作って売るそうです。

戦車に搭載するL3スイッチは、
  • Giga Ethernetポート×12(ワイヤーレート保証)
  • 10GB(光)ポート×2
  • 44Gbpsノンブロッキングスイッチ能力
  • IPv6対応
といった内容です。
ペースは、NETernity™ GBX410 http://www.gefanuc.com/products/2015 だそうです。 
戦車用なので、エアコン無しでも動く仕様(耐熱仕様?)らしい。

米海軍は、ボーイング社と誘導ミサイル制御用のGigabit Ethernet化の契約最近交わしたそうです。

Gigabit Ethernetのような普通の技術を使って、重戦車も海軍の誘導ミサイルが動いているとなると、自分でも作れるんじゃないかという人がまた増えそうです。陸軍の無人自走車開発コンテストで優勝した車は、民生品を使って作った無人自走車だそうです。軍事用高級部品で作ったMITの無人自走車は2位。軍事技術と民生品の境がますます怪しくなります。
インターネットに、「民生品を使って巡航ミサイルを作る方法」の連載を始めた人は、各方面からの圧力に屈してサイトを閉じました。
Qualcommが、日本でも独禁法違反で排除措置命が出そうですが、Qualcommは反論しています。

Qualcommは欧州と韓国でも独禁法がらみでトラぶっています。

2007年10月:欧州委員会、独禁法違反でクアルコムを調査開始
 Ericsson、NEC、Nokiaなど、全6社の携帯電話およびチップセットベンダーが、
 QUALCOMMが、重要な特許技術に対する「不適切かつ差別的なロイヤルティ」の支払い
 を求めて、欧州競争法に違反したとして提訴したのきっかけ。
 6社競合するチップセットメーカーの排除と新規参入阻止を試みたと主張。

2009年07月:韓国公正取引委員会が、独禁法違反でクアルコムに2億ドルの制裁金を科す
 米Broadcomと韓国半導体メーカ2社が、Qualcommを韓国の独禁法違反で訴えたのがきっかけ
 QUALCOMM社がマルチメディアソリューションをチップセットに組み込み、
 同チップセットの顧客に対してリベートや割引を行っていることなどに違法性を認定

出る杭だから打たれるのか、煙が出るのだから火はあるのかわかりませんが、
Qualcommがヒールキャラになりつつあります。

Zii EGG という幹細胞コンピュータが発売になります。
発売するのはクリエイティブ
http://www.zii.com/Technology/StemCell.aspx

英語名は、Stem Cell Computer。Stem Cellは幹細胞なので、幹細胞電脳です。
でも、バイオコンビュータではありません。

幹細胞は、何にでも変化できる細胞。減筋肉、神経、臓器などに必要に応じて変化します。
世界で始めて、京大・再生医科学研究所の山中教授ら、iPS細胞を作った話は有名ですが、
iPS細胞とは、induced Pluripotent Stem Cells(人工多能性幹細胞)です。

ということで、クリエイティブが発売する幹細胞電脳とは、様々な用途向けの専用
デバイスとして機能するプロセッサを、たくさん搭載したコンピュータです。

中心は、デュアルARMコアのCPUです。これと同じチップの上に、ペリフェラルとして
Flexible StemCell Media Processing Arrayを備えているそうです。
このアレーを構成する24個の floating-point processorは、8GFLOPS(Pentium II
400Mの20倍)の演算能力をもっているそうです。

この幹細胞Zii EGGの対応OSはAndroid, Plaszma OSなどだそうです。

IntelのCore i7 はHT対応コアを4つ載せているので、Windows からみると8CPU搭載に見えます。
Zii EGGは、2+24CPU搭載に見えるのでしょうか。
1台でクラウドコンピューティングができてしまう?

この他にもZii EGGは、10点マルチタッチ画面なんてのもついてます。
数は多いほうが良いという思想で作っているわけではないでしょうが、
指10本使ってマルチタッチしたら、本体持てませんよね。
Windows 7 Ultimante, Enterprise, Professional, Homeなど
Windows 7は様々なパッケージで販売されるそうですが、
海外ではこれらのパッケージにが、バリエーションができるそうです。

日本で販売されるのは、Windows 7 full version 海外では、

Windows 7 N version: Windows Media Player無し版
Windows 7 E version: Internernet Explorer 8無し版

という区別もあります。IE8もMedia Playerも後からダウンロードすればOK
ですが、独禁法のからみでこういうことのなるそうです。

こういう姑息なことしてユーザを囲い込もうとしているからMSは嫌われますよね。

オープンな環境で商売が成り立つようにしないと、いつまでもMSは悪者です。

ARブラウザとは?

Andoroidで動くARブラウザ、Layerが発売され話題になっていますが、
 
ARブラウザとは何なのでしょう。
 
ARのフルネームは、Augmented Reality(拡張現実)です。
直訳するとargumentは「引数」とか「要旨」とか「主張」ですが、ARの場合「拡張現実」になります。
  
アニメの「電脳コイル」を知っている人は 「電脳メガネ」を思い出してください。
現実の世界を見ながら、そこに付加情報オーバーレイして表示するメガネです。
 
ARブラウザも同じです。携帯のカメラで現実世界を表示しながら、 カメラ画像に付加情報を表示します。
 
銀行ATMを選択すると、カメラがATMのある方向に向くとアイコンが表示。
近いATMは大きく、遠くは小さく表示されます。
道順を示すのではなく、方向探知機のようなものです。
 
現実を拡張してATMの方向アイコンを見るので、拡張現実(AR)ブラウザです。
 
ATMのほかにも、駅、バス停、ガソリンスタンド、学校、病院、コンビニなども 選択して表示できるそうです。

LTEのベンダー選定

KDDIがLTEの機器ベンダを選定したことがニュースになっていたので、
モバイル各社のLTEベンダー選定状況を表にしてみました。
LTEベンダー.pdf

KDDIは日立、ドコモは富士通、ソフトバンクはHuawei中心に進むようです。
基地局は、NECがドコモもKDDIもカバーして一歩リードなのかな。

サービスの開始時期は、
2010年
 日:ドコモ
 独:T-モバイル
 伊:テレコム・イタリア
 米:ベライゾン・ワイヤレス

2011年
 米:AT&T

未確定(時期のコミットなし)
 日:ソフトバンクモバイル,イー・モバイル,KDDI
 西:テレフォニカ
 仏:オレンジ(フランス・テレコム)

といったところでしょうか。

 Google VoiceのiPhoneでの使用をAppleがAT&Tと結託してが妨害しているのではという疑惑が話題になっていますが、Appleは、「Google VoiceのSafariブラウザ経由での配信は
Googleの自由」としています。
 Apple Storeでは販売しないけど、勝手に配るならOK。ということだそうです。
IE8で、Google Toolbarのブックマーク管理ページを開くと、動作が遅いです。
ブックマークが数百件あるため、リストされるのに時間がかかりハングした
と思えるほどです。
 
Firefox 3.5だと、サクサクです。
これはMSのGoogleに対する嫌がらせ? それともIE8が単に遅いだけ?
 Felica用チップの類型出荷数が4億個を超えたそうです。
 4億の内訳は、携帯電話用が1.3億、カード用が2.7億。
 2億個を超えたのが2007年3月その後2年で2億個売れとのこと。
 使う/使わないにかかわらず携帯電話はFelica対応になってるからFelicaチップ売れるのは当然です。
 PasmoやSuicaもみんなFelicaです。
 SONYとしてはFelicaはヒットだそうです。
 でも、Felicaが、世界のICカード市場に占めるシェアは7%。
 MIFAREの世界シェアは8割。Felicaの10倍です。

 とはいえ、PS3やVAIOの売行き低迷をFelicaで補うのは無理。
 10倍売れても単価は10分の1にはるかに及ばない・・・
Windows 7正式版を入手してインストールしました。

インストールしたPCは、ThinkPad T41
 CPU:Intel Pentium M プロセッサ 1.4GHz
 MEM 1G
 HDD      30GB (9.5mm, 4200rpm)
 Chipset:Intel 855PM
 Graphics:ATI Mobility Radeon 7500 (AGP 4X) 
       解像度 1,024x768ドット
です。

インストール:
 インストール時のトラブル無し。特別な「おまじない」も必要なしでした。

RADIONドライバ追加
 標準では、ATI Mobility Radeon 7500を標準VGAとしか認識しないので、
 ATI Mobility Radeon 7500用ドライバをダウンロードしてインストール
 しました(Windows Updateでも探してきてくれません)。
  ドライバは、http://k1dugar.110mb.com/~downloads/atiixpag.zipを使いました。
 これでグラフィックスのパフォーマンスが標準VGA時の1.0から1.9にアップ
 ただし、ゲーム用グラフィックは1.0のままなので、最低スコアは1.0のまま
 ですが、快適です。
 Office 2007、Firefoxなどを使う非ゲーム用PCとしては快適です。

無線LANドライバ
 内蔵ワイヤレスLANを認識せず。有線LANでつないでWindows Updateで認識。

HDDの消費量
 古いOSがあるとwindows.oldに退避するのでHDDを消費します。
 パーティションを切りなおしてクリアすると10GBのパーティションでもOK。
 HDD使用量はOSだけだと7GBです。
カスタム検索