ARブラウザとは?

Andoroidで動くARブラウザ、Layerが発売され話題になっていますが、
 
ARブラウザとは何なのでしょう。
 
ARのフルネームは、Augmented Reality(拡張現実)です。
直訳するとargumentは「引数」とか「要旨」とか「主張」ですが、ARの場合「拡張現実」になります。
  
アニメの「電脳コイル」を知っている人は 「電脳メガネ」を思い出してください。
現実の世界を見ながら、そこに付加情報オーバーレイして表示するメガネです。
 
ARブラウザも同じです。携帯のカメラで現実世界を表示しながら、 カメラ画像に付加情報を表示します。
 
銀行ATMを選択すると、カメラがATMのある方向に向くとアイコンが表示。
近いATMは大きく、遠くは小さく表示されます。
道順を示すのではなく、方向探知機のようなものです。
 
現実を拡張してATMの方向アイコンを見るので、拡張現実(AR)ブラウザです。
 
ATMのほかにも、駅、バス停、ガソリンスタンド、学校、病院、コンビニなども 選択して表示できるそうです。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ