Skypeの通話を盗聴するウイルス登場

「Skype」での会話を盗聴するウイルスが出現したそうだ。

 SkypeがインストールされたPCで、音声がマイクからSkype、Skypeからスピーカ送られるときに盗聴し、mp3ファイルとして保存する。さらに、「バックドア」も作って、攻撃者がインターネット経由で感染PCにアクセスし保存されたmp3ファイルを盗み出せるようにする。

 音声がSkypeで暗号化される前に、マイク=>Skype間で盗聴するので、暗号化では効果がない。受信した音声もSkypeが復号した後に、Skype=>スピーカ間で盗聴するので、暗号化では防げない。
 Skypeのセキュリティホールを狙ったわけではないので、Skypeのセキュリティアップデートでも防げない。

 この仕組みを使えば、Skypeではなくても、スマートフォンでの音声通話も盗聴できそうだ。
 彼女/彼氏の浮気を調べるために、携帯やスマートフォンにウイルスを入れておき、通話を録音したmp3ファイルを後で取り出すなんてこともありそうです。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ