450Mbps のWiFi スタート

 450Mbps版WiFi 無線LANの認定が始まりました。無線LAN機器ベンダーのAtheros, Broadcom, Marvelなどが、450Mbps WiFi 認定取得のために、450Mbps製品をWiFi Allianceに持ち込んだそうです。

 無線LAN規格IEEE802.11n が承認されたのは、9月12日ですが、承認時450Mbps仕様も追加され、11nの最大速度は300Mbpsから450Mbpsに拡張されました。追加されたのは、MIMOを2ストリームから3ストリームに拡張して450Mbpsとする規格です。
 既にアンテナを3本持っている無線APが国内大手から発売されていますが、3x2 MIMOで2ストリームの300Mbps仕様製品です。アンテナが3本あっても450Mbpsではありません。

 認定取得が完了し、WiFi認定の450Mbps 無線LAN機器が販売開始されると、
 450Mbps版11nの表記は「Multi-Stream n
 300Mbpsの11nの表記は「Dual-Stream n
 となるそうですので、アンテナの数に惑わされず見分けてください。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ