AR(拡張現実)にまた1つ新製品

 頓知・世界カメラというARアプリをリリースしました。

 世界カメラとは、AR(拡張現実)インターフェイスです。

 AR:Argument-ed Reality (拡張現実) とは、ありのままの現実に、現実には存在しない何かを加えて拡張したものです。世界カメラの場合、iPhoneのカメラに映った商品のとなりに、現実には存在しない商品説明タグをリアルタイムで合成して表示させたりします。
 カメラのレンズを通して現実の世界を見ると、現実には存在しないものも合成表示され拡張された現実が見えるわけです。

 文字で説明しても??が増えるばかりでしょうが、BBCのサイトにビデオがあります。英語わからなくても、絵を見ていると判ると思います。
 「ARブラウザとは?」で拡張現実については少し書きましたが、AR関連商品が次々に出てくるとたのしいですね。
今も何回目かの再放送をしている「電脳コイル」の世界が近づいてきていることを実感します。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ