Google Chrome Frame と Explore Campus

| コメント(0) | トラックバック(0)
Google Chrome FrameでのCanvas利用ページ表示

 Google Chrome Frameを使うと、ChromeやFirefoxと同じようにIEでも動くコンテンツの代表として、canvas が取り上げられていたので、canvasを使ったページをアップしました。
 Chrome Freame対応ページChrome Freme非対応ページの両方があります。 Chrome FrameをインストールしておくとChrome Freame対応ページでは時計が表示され動き、Chrome Freme非対応ページでは時計が表示されないはずです。

Explorer Canvas
 IEのVMLにcanvasの皮をきせたExplorerCanvasといいうJavaScriptライブラリをGoogleが提供しています。これでIE上でCanvasをサポートするようにできます。 Chrome Freameを使わずにExplorerCanvasを使ったページをアップしました。これでもCanvasで書いた時計は動きます。

HTML5.0はChrome Frame
 Explore CanvasをリリースしたGoogleが、さらにChrome Frameもリリースしたということの意味は、Canvasだけではなく、Canvasを含むHTML5.0を使いたいからではないでしょうか。
 ChromeFrameを使ったテストページをIEで意図どおりに表示させようとしたら、ExplorerCanvasではなくChromeFrameが必要です。
 なお、W3Cは、HTML5.0暫定検証をしています。時計のページは、W3CのHTML5.0暫定テストをパスしていますが、IEでは表示されません。
 HTML4.01+JavaScript+ExplorerCanpasの範囲では実現できないコンテンツがあり、どうしてもHTML5.0をフル活用し たコンテンツを提供したい人/会社なら、Chrome Frameは重要な存在です。


 Google Chrome Frame を使ってみて1日経って、「Google Chrome Frameは無 し」という結論に達していまいました。

  「Google Chrome Frame 」をインストールしておいても、USER_AGENT情報はIEのまま です。
 WEBサーバでブラウザ判定をする場合、HTTPリクエストのUSER_AGENT情報でブ ラウザを判別して分岐するのが一般的ですが、リクエストヘッダがIEだとIE用コンテ ンツを返します。USER_AGENT情報を偽装してChromeにすることもできますが、コン テンツが「Google Chrome Frame」対応かどうかはリクエスト送出時点では不明で す。 IEにのみ対応しているサイト/コンテンツだった場合バツバツですので、気軽にリク エストヘッダを偽装できません。
 サーバ側でJava Scriptを使って「Google Chrome Frame 」インストール済みかどう かを調べることはできます。しかし、インストールされていなかった場合IE用コンテ ンツを送るのであれば、Java Scriptを使って調べたりせずにUSER_AGENT情報でブラ ウザを判別して分岐するほうが合理的です。

 したがって、「Google Chrome Frame 」を利用したり、サイトを「Google Chrome Frame」対応にする意味は無いと思いました。

(蛇足)細かいことですが、サーバでコンテンツを更新してもIEでChrome Frameを使っているとページは
強制リフレッシュリフレッシュが機能しません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/462

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ