IEをChrome化!MS vs Google

 Googleが、Internet Explorer(IE)をChrome仕様にしてしまうIE用プラグイン・ソフト 「Google Chrome Frame」をリリースしました。 Googleのサイト からダウンロードできます。
IEはバージョン6,7,8対応で、対応OSはWindows Vista/XP SP2となっていますが、 Windows 7 RTMとIE8の組み合わせでも正常に動作しています。
 「Google Chrome Frame」の効果を確認するためには、WEBページのヘッダーに下記のMETAタグを
 <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="chrome=1" />
 を1つ追加しておく必要があります。このタグがあると「Google Chrome Frame」が動いてIEがchrome仕様になります。
 このMETAタグを記載したテスト用ページを作りました。「Google Chrome Frame」をインストールしたらテスト用ページ にアクセスしてみてください。
 「Google Chrome Frame」なしのIEだと、ボタンの角は四角で、動きもありませんが、「Google Chrome Frame」をインストールしておくとボタンの角が丸くなって、マウスを持っていくと動きます。 この表示は、FirefoxやSafariと同じです。
このテスト用ページW3Cの検証をPASSしています。
一緒に使っているCSSもW3CのCSS検証で確認してあります。CSSのほうは、-mozや-webkitなどの拡張をしているのでCSS 3.0からややはみ出しています。
 IEをクローム化して使うなんて面倒なことせずにクロームを落としてきて使えば良いので、 「Google Chrome Frameは、Chrome未対応OSでChromeを使いたい人専用ですね。」とつぶやいたら、 「社内システムの標準がIE6なので今でもIE6を使わなければならないという場合もあるのだよ」 というつぶやきが返ってきました。
 しかし、そういう会社は、規制がかかっていてchromeであれプラグインであれ勝手に インストールできないので、あまり意味は無いと思うのです。 にもかかわらず、IEをChrome仕様にしてしまう「Google Chrome Frame」をリリースしたのは、 脱Microsoft仕様の熱意あればこそだと思います。
  Googleは、IE対応のためにWEBコンテンツをMicrosoft仕様にするという悪しき習慣を滅ぼしたい! と真剣に考えてることが確信できます。
 「Google Chrome Frame」という名前も、IEをFrame(額縁)として周辺に追いやって しまおうという気持ちの表れではないでしょうか。

 ちょっと気の利いたサイトを作ろうとすると、WEBサイトはIE対策だらけになります。
 W3CのXHTMLテストを通ったコンテンツでも、IE8では正しく表示されない場合も多々あります。
 IEはIE8になってもCSS3に対応せずACID3テストを落第する くらいレベルの低いブラウザです。
 IE6は論外です。みんなが、IE6を使うのはやめよう言っています。IE6を成仏させようというみなさんの活動の一部を紹介します。
 Microsoft自身が「IE6は使わないで! 最新のIEに乗り替えてくださいm(_ _)m (We want people to switch tothe latest version of IE)」と言っているほどIE6は困ったブラウザです。
 「こんなブラウザに対応するためにコンテンツやWEBアプリを修正するなんて、絶対に嫌だ!」 というGoogleの気持ちもわかります。

 なのに蔓延しています。

 一方で、長年多くの人に愛されたIE6なので、いつまでも使い続けよう! という敬老精神を発揮すべきだとう声もあります。
 HTML5.0は不要!XMLが良い!CSS3.0も不要!CSS2で十分!ずっとHTML4とCSS2で行こう! という声がその代表でしょう。

 脱XMLに抵抗しているMSの立場も分かるような気がしますが、 HTML5.0の目指すスタイルとコンテキストの分離の厳格化やCSSの表現力の向上という路線は好きです。とくにブラウザには後方互換を求めつつ、コンテンツ側は旧弊をザックリ切り捨て「推奨」 とかいう中途半端を排除したスッキリさは好感度大です。
 脱IEの支持者は多いはずなのにIEが使い続けられている理由は、企業にあります。会社で使用するブラウザであり、 自宅でのIE使用率は6割を切っているといっているBLOGもあります。
 IE6を使い続ける理由も、会社で規制されているからという理由が70%を占めます。

 MSのIE仕様べったりで作ったWEBサイト/アプリをW3C標準に対応させる労力(コスト)は大ですので、不景気なんでコスト削減のために、このままIEでいきましょうという経営判断になるのだろうと思います。
 MS仕様で作ったのにMSが独自仕様をやめてW3C標準に路線変更したことは、 企業ユーザにとっては裏切りのようなものでしょう。しかし、MSであれ、IBMであれどこか1社の独自標準に馴染んでしまうと抜けられないという教訓を 思い起こしてみる良い機会でだと思います。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ