Microsoft Security Essentials は、遅くて重い

 Microsoft Security Essentials は、とても遅くて重いというIT WORLDの記事がありました。
 システムスキャンにAvira の2倍時間がかかるそうです。

 Microsoft Security Essentialsでのシステムスキャンは、2時間10分かかったそうです。同じマシンをAviraでスキャンすると1時間で済むとのこと。
 使ったマシンは、Dell Inspiron 530S (2.2GHz Pentium E2200 dual-core, 800MFSB, MEM 4GB, HDD 500GB SATA ,Intel 3100 graphics)。

 Micorosftが、Microsoft Security Essentials をWinodowsに組み込まない理由は、「重くて遅くなるから」が正解だったようです。

 自分のPCでもAviraを使っていますが、無料版だと時々「有料版に切り替えてm(_ _)m」というポップアップが出てくる以外は、気に入っています。
 以前は、AVGを使っていましたが、AVGの無料版は商用版との差が大きく、無料版ならAviraのほうが良いという巷の評価を信じて乗換えました。

 AVGとAviraの両方ともインストールして使っている人もいるようですが、問題ないようです。
 Aviraのサポートサイトには、他のAnti-Virusとバッティングした際の回避方法 が書いてあります。
 他をアンイストールするという選択肢のほかに、Aviraの設定変更でぶつかる所を回避する方法もセカンドオプションとして記載されています。

 そろそろ玄関のカギ同様二重ロックする時代でしょうか。そうなると、1つ1つが軽ければ二重ガードをやっても良いかなとおもいます。

最近のブログ記事

Bluetooth 5
Bluetooth 5 をBluet…
auから1980円プラン
h4{ font-size:120…
格安SIMシェア上位3社で45%
格安SIMのシェア調査結果を、ICT総研…
カスタム検索