PANも高速化!

| コメント(0) | トラックバック(0)
BluetoothやIrDAは、ワイヤレス近距離通信(Personal Area Network)の代表ですが、低速です。
しかし、通信速度120倍以上の新規格製品が来年には発売されそうです。
  • Transferjet Ver 1.0は、最大通信速度375Mbps で、
  • Bluetooth 2.0+EDRは、最大通信速度  3Mbps より
120倍高速な無線通信です。

しかし、Transferjetは、4.5GHzの微弱電波を使うので通信距離は数cmしかありません。
Bluetoothは、Class1なら100mも対応可能。Bluetootは、2.4GHz ISMバンド利用なので Class1は、特定省電力とし100mWの出力ができるのに対して、
TranferjetμWレベルの電波(-70dBm/MHz)しか出せませんので3cmくらいの通信距離しかありません。

Transferjetコンソーシアムは、SONYエリクソン、東芝、シャープ, SAMSONG, Kodak, キャノン, ニコン, Panasonic, Olympusなどが参加しています。携帯電話やデジカメ、ビデオカメラなどに搭載してきそうなメーカです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/415

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ