イリジウム衛星を使った船舶電話

人工衛星を使った携帯電話サービスとして有名?なイリジウム衛星を使った船舶電話サービスが始まります。
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2009/0831a/index.html
船舶用小型アンテナでイリジウムとつなぎ、3回線の電話と最大128kbps のデータ通信が同時に利用できるサービスです。

イリジウムは、世界中どこでも通信できるのが売りです。
電波は宇宙にある66機と通信するので、砂漠の真ん中でも、太平洋の真ん中でも、圏外になることはありません。

イリジウム衛星は、上空780kmを66基の人工衛星がグルグル回っています。
一般的な衛星通信に使う人口衛星は、上空3万5800kmにあるので、イリジウム衛星より46倍遠いところにあります。
携帯電話が位置測定に使うGPS衛星は、上空20,200kmにあるので、イリジウム衛星より26倍遠いところを回っています。

最近のブログ記事

LPWAで100㎞以上の遠距離通信
h2{ font-size:120%…
PHS新規受付終了
PHSの新規受付および料金プラン変更受付…
AT&Tが自称5Gを開始
AT&Tがアメリカで商用5Gサ…
カスタム検索