100Gbpsの回線

| コメント(0) | トラックバック(0)

 米国第3位の通信事業者Qwestが、100Gbpsの回線提供を来年始めるそうです。

 End-to-Endで100GbpsのEthernet専用線は、 ダークファイバーの提供を除けば最速の回線になります。
Google やMicrosoftなどの巨大データセンターで大量のデータを扱っている会社に使ってもらうことを想定しているそうです。

 Qwestが使う設備は、Alcatel 7750 をPE(Provider Edge)Routerにして、 コアは、Alcatel の 1625 LambdaXtreme Transport optical multiplexing platform だそうです。

 しかし、100GbpsのEhternet標準はまだ未完成です。
来年には、100Gと40GのEthernet標準ができると言われていますが、Alcatel 7750 には100Gインタフェースが既にあるそうです。JuniperのT1600も100Gのインタフェースを搭載可能です。
Ciscoは100Gの標準ができ次第製品リリースだそうです。

 そんなわけで、2012~2015頃には100Gbpsの回線はごく一般的な普通の回線速度になるだろうということです。

 FTTHが100Gということになるのでしょうか。
マンションタイプのFTTHは、マンション入り口まで100Gbps各部屋1Gというようなことになるのかもしれません。

 HSPA, WiMAX, XGPなど数十メガのモバイルは既にリリースされ、来年にはLTEで100M越えも間近かというモバイルの勢いです。
となると固定も100MbpsのFTTHではモバイルに勝てないので、1Gbps程度は基本、スピードマニアは100Gbpsという時代も間もなくでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/409

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ