WiMAXとauのデュアル端末発表

 UQ WiMAXと au 両対応のデータ通信端末(USB型、カード型)が発表されました。
 主な機能は以下のとおりです。

WiMAX と CDMA間をハンドオーバー
  • 通信をCDMA方式からWiMAX方式へハンドオーバするらしい
  • どちらも圏内ならWiMAXを優先的に選択
  • 設定でCDMA専用モードにするとCDMAだけにもできる
  • 通信に配慮しつつ、より高速の方式を選択するようです
WiMAX と CDMA(EV-DO Rev.A, Rev0, 1x)に対応
  • WiMax圏内だと下り40Mbps/上り10Mbps
  • Rev.A圏内だと 下り3.1Mbps/上り1.8Mbps
  • Rev.0圏内だと下り2.4Mbps/上り144kbps
  • 1X圏内だと   下り 144kbps/上り64kbps
対応OS
Windows XP, Vista, Windows7,Mac OS Xに対応
ドライバは、自動的にインストーラがインストール
端末タイプ
USBタイプと、Express Cardタイプ
端末のLEDについているLEDで接続先が、WiMAXかCDMAかがわかる
プライベートネットワーク接続
法人ユーザ向に、接続先限定機能 イントラネット網へリモートアクセスサービス接続CPAに対応
発売時期
12月以降
端末の価格
オープン価格
通信料金
定額も従量も両方あるそうだガ、別途発表とのこと。
KDDIがUQのMVNOとなっているので、UQと契約する必要なし。
 アプリケーションの制限には言及されていないので、Skypeとか使えるかも。

 UQのサービスエリアは本年度末までの全国政令指定都市等への拡大 しますが、大都市以外の利用は来年度以降のエリア拡大を待つ必要があります。
 しかし、エリア外は、auのPacketWIN でカバーすることにより、au携帯電話と同じエリアで利用ができるので、人口カバー率がいきなり99.9%になります。
 しかも、UQ WiMAXのエリア拡大につれ高速通信エリアが拡大してゆきます。
 UQ WiMAXで通信できるエリアは、2010年度末で76%、2012年度末には93%を超える人口カバー率になる予定だそうです。

 ドコモは、2年と少しでHSDPA(FOMA)で全国をカバーしたので、予定どおり2010年にLTEを開始すれば2012年にUQ WiMAXと同等の90%以上のカバー率になる可能性があります。
  2012年にはau もソフトバンクもLTEを開始しているはずです。3年後には、LTEにするかWiMAXにするか悩むことになりそうです。LTE 遅延は片側5msec、制御遅延は100msecと、今より1ケタ低遅延なので魅力的です。しかも、コア網は、SAE(system architecture evolution)になり、回線交換網はなくなり,オールIPのパケット交換網のみとなります。コア網が、音声パケット前提の高品質コアをデータが使う となれば魅力的です。

 他の選択肢としては、人口カバー率60%を2009年度内に達成すると宣伝しているE-mobileのHSPA+とい選択肢もあります。
 速度もカバーエリアもUQ WiMAXと au のデュアル対応端末と比べると、見劣りしまが、端末が41,980円、月額6,980円が基本ですので、auの料金がこれより高額なら選択肢になるだろうと思います。

 最速のモバイルサービスは、300Mbpsケイ・オプティコムが来年3月から始める「eoモバイル」です。一部エリアでIEEE802.11nを使うそうです。300Mエリアの狭さはともかく、ベアラ速度はNo.1です。LTEが始まっても、LTEは 20M帯域4×4MIMOのCat5端末で300Mbpsですから、300MbpsはNo.1でしょう。

最近のブログ記事

Bluetooth 5
Bluetooth 5 をBluet…
auから1980円プラン
h4{ font-size:120…
格安SIMシェア上位3社で45%
格安SIMのシェア調査結果を、ICT総研…
カスタム検索