amazon電子ブック, DoCoMoで日本上陸

 アマゾンの電子ブック「Kindle」が日本で使えるようになりました。
 日本で使えるのは、新発売の「Kindle U.S. & International Wireless版」。現行のKindleは「U.S. Wireless版」。 新旧の違いは以下のとおり。

  • Kindle (U.S. & International Wireless)
米国内ではAT&TのGSM/W-CDMAを使用
米国外ではAT&Tとの国際ローミング。
日本ではドコモがAT&Tとローミングしているので、おそらくドコモ網利用
書籍購入あるいはサーバからのバックアップアイテムダウンロードに一冊 1.99ドル課金

  • Kindle (U.S. Wireless)
US版は、CDMA2000 1X EV-DO Rev A:Sprintを利用したAmazonのMVNO)
米国版はいちど購入すれば基本的に無料でデータ通信が可能
 以上のように通信モジュールと利用キャリアが変わっただけで、本体は変更なし。
 したがって、日本語対応も無し。買える本は29万冊あるそうだが、英語版だけ。
 販売価格も$279のドル払い。購入にも米Amazonへの登録が必要(日本Amazonのアカウントでは買えない)。
 米国外でも使えるようにしたKindleを米アマゾンが米国外にも届けてくれるようになっただけで、本格的日本進出ではありません。
 それでも、amazonと聞いて早速対応を始める日本企業もいて、毎日新聞が英語ニュースをKindleに配信するそうです。月額$14と通信料が一回$1.99なので、1日$3で毎日デイリーニュースが読めます。毎日デイリーニュースは、WEB版なら無料です。

 なお、サービスエリアマップの「Worldwide」タブを開くと、日本を含むサービスエリア見えます。世界100カ国で利用可能だそうです。

 推定原価は、$185  という記事もあった。

最近のブログ記事

au障害発生から復旧までの時間(2)
KDDIが、5月29日の障害復旧報を本日…
文字入力方法いろいろ
Simejiがクラウド入力を搭載して賢く…
au障害発生から復旧までの時間
昨日5/29の障害も含めて、auの障害…
カスタム検索