AT&T、衛星電話とローミング

 AT&Tが、衛星電話のTerraStar とのローミングに合意したそうです。

 1台のスマートフォンで、GSM/GPRS、GSM/EDGE、W-CDMA/HSDPAそしてTerraStar衛星に対応した製品が出てくるのは、来年の1Qだそうです。

 TerreStar衛星は、赤道上空36kmの静止軌道の衛星です。36km離れた基地局との通信になりますので、遅延や、送信電力(電池の消耗)は、不安です。しかし、電波に国境は関係ありませんので、全米はもちろん、プエルトリコ、バージン諸島および沿岸でも通信が可能になります。
 ちなみに、ドコモのFOMAは人口カバー率100%を 約82,500の基地局で実現しています。auは、人口カバー率99.9%。e-mobileは人口カバー率90%だと宣伝していますが、基地局は8,500です。
 カバー率を90%から100%に上げるために数万の基地局を建設するより、衛星電話とのローミングのほうが簡単かもしれません。

最近のブログ記事

LPWAで100㎞以上の遠距離通信
h2{ font-size:120%…
PHS新規受付終了
PHSの新規受付および料金プラン変更受付…
AT&Tが自称5Gを開始
AT&Tがアメリカで商用5Gサ…
カスタム検索