Microsoft Security Essentialsの実力

 Microsoft Security Essentials(MSE)が、535,752台のPCから4百万のウィルス(Thread)を 検出したそうです(公式ブログ)。
 1台平均約8件のウィルス(Thread)を検出したことになります。がんばってますね。

 MSEは遅いという評価もあります。 Microsoft Answersでも、 MSEは遅いという話題があがっています。
I have to Agree the MSE Performance in XP Home SP 3 is really slow.
I agree that this isn't acceptable performance.

 軽くてい良いというレポートもあります。どうやら、当たり外れがあるようです。環境によって、軽くも、重くもなるようです。自分のPC/環境で重いか軽いかは、インストールしてみるしかないようです。
  Microsoft Security Essentials FAQ風まとめで、MSは、商用ソフトをキチンとアップデートしている場合は、Microsoft Security Essentialsを使う必要がないと言っています。
 AVGとかAviraとか使っている人は、無理にMSEを使う必要はないようです。
 なお、MSEのダウンロード数は150万を超え、インストールされたPCの44%が、Windows 7搭載 PCだったことも公表しています。リリース前なのにWindows7がダントツ1位です。 旧版のセキュリティソフトがWindows7対応版をまだリリースしていないので、つなぎで使っているのでしょうか。

最近のブログ記事

LPWAで100㎞以上の遠距離通信
h2{ font-size:120%…
PHS新規受付終了
PHSの新規受付および料金プラン変更受付…
AT&Tが自称5Gを開始
AT&Tがアメリカで商用5Gサ…
カスタム検索