Motorolaのドロイド発売日は11月6日


Droidの仕様
  • OS: Androd 2.0
  • CPU:TI の OMAP3430
  • Display:3.7"(854 x 480)
    タッチスクリーン
  • カメラ:5百万画素。LEDフラッシュ付き
  • キーボード:スライドアウトして利用できるキーボード
  • GPS対応
  • Bluetooth 2.0対応
  • WiFi対応
  • 価格は$199.99(2年縛り)
  •  Verizonが宣伝中のMotorola製Android端末 Droid の発売日は11月6日だとVerison Wirelessが発表しました。

     搭載予定のAndroid 2.0は本日リリース されました。

     Droid が搭載しているTIのOMAP3430は、 ARM Cortex-A8 ベースです。ARM Cortex-A8の概要によれば、現在主流のARM11ベースのコアと同等の低消費電力ながら性能は最大3倍以上で、動作クロック1MHz当たり2.0DMIPSの性能を持ち、最大1GHz動作時は2000 Dhrystone MIPS程度の処理能力を発揮するそうです。
     ライバルであるQualcommのSnapdragon は、1GHzで2000 DMIPS程度だそうなので、ほぼ同等になります。
     一般的な携帯が使っているQualcommのMSM7000シリーズよりはだいぶ高速ということになります。


     このOMAP3430 は、Ericsonの U380プラットフォームにも採用されたコアです。
     U380プラットフォームは、、最大12百万画素のカメラ、ビデオ、テレビ(MBMS、 DVB-H、ISDB-T、Unicast 等)、3Dグラフィックにも対応しているそうです。

     Droid という名前は、Motoralaの端末名でなく、Verizonが販売するAndroid端末名だそうで す。

     Verizonの加入者数は9千万弱、AT&TはiPhone販売で急速に加入者を伸ばし8千万加入を突破しVerizonに肉薄しています。 迫るAT&Tを、VerizonはDroidで迎撃する計画のようです。
     スターウォーズのドロイドも、バトル・ドロイド、デストロイヤー・ドロイド、 医療ドロイドなど、多種多様でしたが、Verizonも多様な Droidを出してくるのかもしれません。

     なお、Droidは、Motorlaの自社工場ではつくっておらず、EMSを活用しての生産の ようです。パーツは、ChiCheng(及成)、LARGAN(大立光)、FOXLINK(正ウェイ) などの部品を使っているとのこと。

    最近のブログ記事

    SORACOM,HLR持ちeSIM対応
    SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
    準天頂衛星4機体制に
    h2{ font-size:12…
    Windows 10 mobile終了
    Windows 10 mobileの新機…
    カスタム検索

    月別 アーカイブ