Intel がポータブル音読機発売

 視力障害者向けのテキスト音読機 「Intel(r) Reader」が発売されます。
 「Intel(r) Portable Capture Station」で読みとったテキストを読み取ってくれるポータブルな読み上げ装置です。

 Vocaloidファミリーの、初音ミく、鏡音リン・レン、巡音ルカ、波音リツは、致命度 知名度抜群ですが、それ以外にも電脳用の声帯は増えています。
 Windows XPやVistaなどには、英語をしゃべる Microsoft Anna、やMicrosoft Sam、Mary、 Mike、 RoboSoftなどの音声合成エンジン、マイクロソフトファミリーがいます。
 MS Officeには、日本語をしゃべる^Microsoft Kenji と Naoko もいます。Vocaloidと違って調教しなくともぎごちなくWordなどの和文を読み上げてくれます。ロシヤ語担当、スペイン語担当まどのマイクロソフトファミリーメンバーMSDNのサイトで紹介されていいます。

 だれからも電話がかかってこない人向けに、時々電話をかけてくれる携帯電話を発売するのはどうでしょう。
 24時間以上着信が無い時は、Vocaloidファミリーから、「ネギ買ってきてくれますか?」とか電話がかかってくる携帯電話とか、ときどき「オレ、オレ」とか電話かけてきてくれる「らくらくホン」 や 「簡単ケータイ」ってどうでしょう。
 そこまでは無理としても、メールを受信すると、音声着信のように携帯が鳴って、メールを読み上げてくれる「らくらくホン」 や 「簡単ケータイ」ならどうでしょう。もしかしたら、もうあるのかな。

 「Intel(r) Reader」のCPUは、Atomだそうですので、 携帯電話の頭脳でも電脳用声帯は扱えると思います。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ