LTEは、75Mbpsから

  端末タイプと帯域による最大通信速度マトリクス
帯域
5MHz 10MHz 15MHz 20MHz
UE1 5Mbps 10Mbps 10Mbps 10Mbps
UE2 10Mbps 10Mbps 10Mbps 10Mbps
UE3 37.5Mbps 75Mbps 100Mbps 100Mbps
UE4 37.5Mbps 75Mbps 113Mbps 150Mbps
UE5 75Mbps 150Mbps 225Mbps 300Mbps
 ドコモのLTE導入計画はおおよそ以下のとおりです。
 ドコモの皆さんが講演等で説明している内容ですが、オフィシャルなアナウンスではありません。
■速度
  • 2010年:37.5~75Mbps
    ・基本は5Mhz幅で37.5M
    ・一部地域は10MHz幅で75M
    ・端末UE3クラス
  • 2012年:100Mbps~
    ・15MHzの帯域使用開始
    ・UE5になれば~225Mbps
■時期
  • 2010年:カード型端末(データ専用)発売
  • 2011年:ハンドセット(通話+データ)発売
  • 音声通話
    • 当初CSフォールバックで既存回線交換網を使用
    • 次いでRNCの上位にCS-Gatewayを設け、SIP網と接続
      (この段階ではRNCも残っており、eNode-BもRNC配下にある)
    • 最終的にはオールIP化(VoIP/LTE)する
  • RNの構成
    • 当初はeNode-BもNode-B同様RNC配下に置く。その後eNode-BからS-GWへ直結する構成に順次移行する
    • Node-Bの先にアンテナを持つPRE(光張り出し子機)CPRI(光ケーブル)でつないでいるが、CPRIにeNode-Bを割り込ます構成でスタートする
  • 遅延
    •  実験では11~19msec(RTT)
    • 伝送遅延規格は、片道5msec以内
    • 制御遅延規格は、Idele→Active100msec以内、Domant→Active50msec以内
  • その他
    • ユーザが使用するパケット量(トラフィック)は3Gの2倍程度を予想

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ