アマゾン、アジアの拠点にシンガポールを選択

| コメント(0) | トラックバック(0)
 アマゾンのクラウドサービスが2010年前半にアジアに進出します。
 その際のデータセンターは、シンガポールになると、アマゾンが発表しています。
 日本語のページや、円建て料金も用意するそうです。

 国内でアマゾンのクラウドを支援するサービス『Amazon EC2導入サービス』を発表する企業も出てきています。日本で加入しても、システムとデータはシンガポールにあることになります。
 どこの国の法律が適用されるのかは、クラウドの利用に際して問題にされる事項です。
 NTTドコモが出資しているインドのタタも、クラウドを視野にいれて、シンガポールに新DCをオープンするそうです。
 シンガポールへの回線も充実しつつあり、シンガポール、香港、日本、ベトナム、フィリピンをつなぐ「イントラアジア・ケーブルシステム(IACS)」も開通したようです。

 どうやらアジアのハブはシンガポールになりつつあるようです。

 Googleが日本まで海底ケーブルを敷設しました、KDDI、シンガポールテレコムなどと共同出資するUnityケーブルが千葉に陸揚げさまれましたが、トラフィックは日本を素通りして、IACSなどケーブルでアジア各地へ流れていってしまうのかな?

 富士通は中国にデータセンターを建設します。国内でデータセンタを建設する一方での海外展開です。ソフト開発はとっくにオフショアが主流、日本語対応コールセンターも海外が台頭、ルータもPCはほとんど海外製、携帯電話も日本製品の世界シェアは悲惨な状況。国内の企業でも、外資系はITマネージャーがインド人とか普通です。
 製造業の空洞化のように、データセンターも国内が空洞化してゆくのでしょうか。
 ガンバレ日本!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/431

コメントする

最近のブログ記事

Bluetooth 5
Bluetooth 5 をBluet…
auから1980円プラン
h4{ font-size:120…
格安SIMシェア上位3社で45%
格安SIMのシェア調査結果を、ICT総研…
カスタム検索