米の47空港で、Wi-Fi接続無料化

 昨日から来年11月15日までアメリカの47空港でWi-Fi接続を無料化するとGoogleが発表しています。

 無料になるのは以下の空港です。

    • Austin (AUS)
    • Baltimore (BWI)
    • Billings (BIL)
    • Boston (BOS)
    • Bozeman (BZN)
    • Buffalo (BUF)
    • Burbank (BUR)
    • Central Wisconsin (CWA)
    • Charlotte (CLT)
    • Des Moines (DSM)
    • El Paso (ELP)
    • Fort Lauderdale (FLL)
    • Fort Myers/SW (RSW)
    • Greensboro (GSO)
    • Houston (HOU)
    • Houston Bush (IAH)
    • Indianapolis (IND)
    • Jacksonville (JAX)
    • Kalamazoo (AZO)
    • Las Vegas (LAS)
    • Louisville (SDF)
    • Madison (MSN)
    • Memphis (MEM)
    • Miami (MIA)
    • Milwaukee (MKE)
    • Monterey (MRY)
    • Nashville (BNA)
    • Newport News (PHF)
    • Norfolk (ORF)
    • Oklahoma City (OKC)
    • Omaha (OMA)
    • Orlando (MCO)
    • Panama City (PFN)
    • Pittsburgh (PIT)
    • Portland (PWM)
    • Sacramento (SMF)
    • San Antonio (SAT)
    • San Diego (SAN)
    • San Jose (SJC)
    • Seattle (SEA)
    • South Bend (SBN)
    • Spokane (GEG)
    • St. Louis (STL)
    • State College (SCE)
    • Toledo (TOL)
    • Traverse City (TVC)
    • West Palm Beach (PBI)

      無料Wi-Fi利用者は、寄付もできるそうです。利用者が寄付した額と同額をGoogleも寄付をする(上限は25万ドル)そうです。クリスマスシーズンに向けてのGoogleの社会貢献活動です。

     Googleは空港での無料利用に加え、Virgin航空と提携してVirgin航空機内のWi-Fi無料化も発表しています。

     Yahoo(米)は、NewYorkのタイムズスクエアでWi-Fiを通年無料提供しています。

     Microsoftは、Bing検索利用者に無料Wi-Fiアクセスを提供するキャンペーンをしています。

     国内は、FreeSpotFON利用者へのLivedoor無料利用が、あります。自宅にFONのAP置いてFONを使ってLivedoorとか利用してみましが、Wi-FIは利用できる場所が、点でしかなく、とても不安定。圏内とおぼしきお店でNetook開いたら圏外ということが多々ありました。あらかじめ使えることがわかっている場所で使うのが、がっかりしないコツです。

    最近のブログ記事

    SORACOM,HLR持ちeSIM対応
    SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
    準天頂衛星4機体制に
    h2{ font-size:12…
    Windows 10 mobile終了
    Windows 10 mobileの新機…
    カスタム検索

    月別 アーカイブ