ついにLTEが商用化 - 世界初

| コメント(0) | トラックバック(0)
 スウェーデンのTeliaSoneraが世界初のLTEを開始しました。世界初の4G(LTE)サービスとTelaSoneraは発表しています。

 TelefSoneraの4G(LTE)サービス
 
  • 速度は下り最大速度は、20Mbps~80Mbps
  • 当初端末はサムスン電子製のUSB接続のモデム(GT-B3710)のみ
  • 当所は、エリアはストックホルムとオスロの2都市限定
  • ストックホルムでは、エリクソンの機器でLTE網を構築
  • オスロでは、華為技術有限公司Huawaiの機器でLTE網を構築
  • LTEは、Rel.8準拠。FDD
  • 料金は来年7月1日まで月額約4500円。以降は月額約7500
  • 電波は,2.6GHzに 50Mbps幅(5MHz帯域2つのペアを5つ)
     電波免許は20年で819千ユーロ(1億円)
 最高速度は、Netcomのページに 「All bruk (Normalhastighet 20 til 80 Mbps)」と記載されていますが、最大が20~80Mbpsというのが今一つしっくりきません。3Gの10倍高速だと宣伝はしていますが、速度に関してはやや歯切れが悪い感じです。
     各社のLTE導入予定
1ArmeniaVivacell-MTS2010
2CanadaTelus2010
3CanadaBell Canada2010
4FinlandTeliaSonera2010
5JapanNTT DoCoMo2010
6JapanEmobile2010
7NorwayTeliaSonera2010
8South KoreaSK Telecom2010
9South KoreaKTF2010
10SwedenTeliaSonera2010
11SwedenTeleNor Sweden2010
12SwedenTele2 Sweden2010
13USACenturyTel2010
14USA MetroPCS2010
15USAVerizon Wireless2010
16CanadaRogers Wireless2010-11
17GermanyVodafone2010-11
18USACox2010-11
19South AfricaVodacom2010-11
20ChinaChina Mobile2011
21GermanyT-Mobile2011
22IrelandHutchison 32011
23JapanSoftbank Mobile2011
24South KoreaLG Telecom2011
25USAAT&T Mobility2011
26USAAircell2011
27AustriaT Mobile2011-12
28AustriaMobilkom Austria2011-12
29AustriaHutchison 32011-12
30AustriaOrange2011-12
31ChinaChina Telecom2011-12
32FranceOrange2011-12
33NewZealand Telecom NZ2011-12
34JapanKDDI2012
35TaiwanChunghwa Telecom2012
36UzbekistanMTS2012
37AmericasTelefonica未確定
38EuropeTelefonica未確定
39AustraliaTelstra未確定
40BahrainZain未確定
41BrazilVivo未確定
42FinlandElisa未確定
43FinlandDNA未確定
44Hong KongSmarTone-Vodafone未確定
45Hong KongPCCW未確定
46Hong KongCSL Limited未確定
47ItalyTelecom Italia未確定
48NorwayTeleNor未確定
49PhilippinesPiltel未確定
50PortugalTMN To未確定
51South AfricaCell C未確定

RBS6000  左の写真は、ストックホルムのRANを構成する、基地局:ERICSSONのRBS6000です。RBS6000は、GSM / WCDMA / LTEで共通の構成
になっており、GSM / EDGE、WCDMA / HSPA、LTEを単独のパッケージでサポートしているそうです。
 同じ周波数帯域あるいは異なる帯域でW-CDMAとLTEを同時に提供することが可能ですので、W-CDMA網からLTE網に移行するドコモが、Ericssonと契約した理由のひとつはこれかもしれません。
 給電機能の組込み、従来の1/4サイズで、2倍の容量を持っていることも
セールスポイントです。

GT-B3710.jpg  左は、唯一の端末、USB型の4GモデムGT-B3710です。
 ストックホルムのLTE網を構築したエリクソンはドコモとVerizon(米)ともLTE網構築の契約をしています。両社とも来年にはLTEを開始すると表明しています。

 ドコモはW-CDMA(FOMA)で先走りしすぎて、世界標準からずれの修正に苦労してしまった失敗を反省して、LTEでは先頭集団にはいるが、先頭は走らない!と決めています。これで先頭はダメという呪縛から解放されましたので、ドコモ本格始動です。
 GSAのレポートによると2010年内にLTEを商用化を予定している先頭集団には、スウエーデン、ノルウエー、フィンランド、アメリカ、カナダ、韓国、日本、南アフリカの、19社あるそうです。

 しかし、LTEを3.9Gと呼んでいるのは日本だけ。世界中4Gと呼んでいます。3.9Gという名称に日本だけこだわっている時点で、世界からずれています。技術標準の正確な定義にこだわって、世界各国が4Gと呼んでいるのに素直に4Gと呼べないようでは・・・・


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/465

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ