犬用モバイル端末で犬がTweet

| コメント(0) | トラックバック(0)
 世界最大のおもちゃ屋さんMattel Incが、犬用の無線端末「Puppy Tweet」を発売するとCNNが報じています。
 犬の首輪につける無線端末と、PCに挿すUSBレシーバのセットで希望小売価格は、$29.99.。発売時期は、今秋。

 ペット市場は、日本のモバイル業界の救世主になるかもしれません。
「Puppy Tweet」の機能
犬の首輪につけられた端末が、犬の動作に合わせてTwitterにつぶやくという玩具です。寝ているとき、 走っているときなど合わせたツブヤキが送信されるそうです。つぶやく内容は、動作ヒモ付られた事前登録された内容。
ペット用モバイル端末
 玩具ではなく、犬用「ココセコム」なんていうのも有りだと思います。迷子 の子猫の行方 を、犬のお巡りさんにたずねるより、猫の首輪に猫用「ココセコム」をつけておくほうが確実です。

 バウリンガル機能を搭載したモバイル端末なら、犬からのメールやSMSもありえます。
 犬が吠えたら、なき声を翻訳してメールで送る端末はありだと思います。
 猫ならミャウリンガル機能搭載

 犬がないたら即録音して、事前に登録した電話番号に発呼。つながったら、なき声を再生するという端末でも良いかもしれません。

ペット用端末の市
場規模
 日本ペットフード協会資料によれば、日本の ペットは犬1310万頭、猫1370万頭、合計2680万頭の巨大市場です。
 日本では、携帯電話契約数が1.1億になり、これ以上の伸びが期待薄の状況です。しかし、犬や猫などのペットは大きな潜在市場です!よね。

 自販機の普及台数は、526 万台。ペットはその5倍もいますので、自販機用通信モジュールの5倍は売れます?

 日本の労働人口6260万の42%ですので、ペット端末は、法人需要(社給携帯)市場の約半分の市場規模。

 ペット市場のほうが成長性はあると思います。今は普及率ほぼゼロなので、成長余力はマキシマムです。
ペット用料金プラン
 犬がお父さんの会社なら、犬も当然家族割で、ユーザー獲得?
 ガンガン学割の会社なら、ガンガンペット割で、ユーザー獲得?
ペット市場の次
 Mattel Incは、バービーちゃんを作っている会社です。そのうちバービーちゃん用モバイル端末など も発売されるかもしれません。ぬいぐるみや人形用モバイル端末も出るかもしれません。
 ペットの次は、ぬいぐるみ市場?!
 そう考えると、モバイル市場が飽和することは当分なさそうです。


CNN の記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/506

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ