トリプルローミングAndroid端末

| コメント(0) | トラックバック(0)
 WiMAX,3G,WiFiの3方式のトリプルローミングAndroid端末をNECが10月に発売予定とITProの記事にでていました。
 Wi-Fiと3G両対応端末は多いのですが、課題も多いようです。
 例えば、iPhone。Wi-Fiと3G両対応ですが、iPhoneは、有料の3Gを優先してしまい、無料のWi-Fiが使えるエリアなのにパケ代が爆発といった話を聞きます。
 Wi-Fi通信中にWi-Fiエリア外に移動した場合、自動で有料の3Gに切り替えるべきか、無料から有料への自動移行は止めるべきかなどは、正解がないは、ヤヤコシイ問題です。

 これがトリプルになるもっとややこしくなりそうです。
 WiMAX,3G,WiFiとで3Gでは速度も料金も違い月額380円の料金プランUQ STEPを使っている場合と、月額4480円のUQ Flatを使っている場合でも選択は異なります。

 なお、端末は、NECビッグローブのクラウドサービス用端末です。
 1月にモニタ100人を募集したクラウドサービスの端末、7インチAndroidポータブル・インターネットタブレットは、WiMAXには対応していないようです            

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/526

コメントする

最近のブログ記事

LPWAで100㎞以上の遠距離通信
h2{ font-size:120%…
PHS新規受付終了
PHSの新規受付および料金プラン変更受付…
AT&Tが自称5Gを開始
AT&Tがアメリカで商用5Gサ…
カスタム検索