iPadの先祖

| コメント(0) | トラックバック(0)
 flepia iPadの先祖のような端末が、1年前に発売されているのを見つけました。富士通の携帯情報端末「FLEPia」です。

  FLEPiaの仕様はなかなか頑張った仕様です。
  • 40時間も使え、iPadより4倍長持ち
  • 薄さ12.5mmで、重さ385gとiPadの半分の重さ
  • 画面サイズは、8インチで9.7インチのiPadより小さいが、解像度は768ドット×1,024ドット(XGA)で同じiPadと同じ
 こいつがFLEPiaでなくiPadの商品名だったら、Appleと富士通のiPadの商標をめるぐ衝突で、Appleは負けだったことでしょう。
 しかし、そこそこ結構頑張った端末が、ほとんどスルーされています。理由は、
  • NetBookの2倍もする99,750円という値段
  • いまさら、日本語版Windows CE5.0搭載
  • 「携帯電話を経由したダイアルアップ通信が可能となるよう、新たにBluetooth?を搭載しました。」というセンス。
 これから伝わってくるメッセージは、

10万円出して、発売から5年以上経ったWindows CE5.0搭載の端末を買ってください。
インターネットは、ダイヤルアップ回線経由で使ってください、
ブラウザは、評判の悪いデスクトップ版IE以下のInternet Explorer Mobileです。

 これではスルーされてあたりまえです。

 優れたハードウエア製造技術を持っているとは思います。しかし、コスト感覚がずれていますし、ソフトは古い他社製品を載せただけ。
 富士通でさえこんな状態なら、日本は衰退するんじゃないかと思います。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/534

コメントする

最近のブログ記事

GoogleがHTC買収を発表
台湾のHTCを買収することをGoogl…
上限突破でも速度制限なし
T-mobileが月間通信量の上限を5…
貼れる,洗える,伸びる太陽電池
h2{ font-size:120%…
カスタム検索

月別 アーカイブ