ドコモ、iPadでSIMロックフリーへ

 ドコモが、iPad用SIMを単体で発売するそうです。Google Nexus One用のSIMもSIM単体販売する計画があると読売新聞は報じていいます。
 日本ではSIMロックという鉄の掟を破るらざるを得ない状況は、日本携帯電話端末ではiPhone/iPadやNexus Oneに対抗できないと、、ドコモ自らが認めたようなものです。
 日本の携帯電話端末メーカーさんピンチです。通信事業者も、底なしの値下げ突入です。

micro SIM
  iPadのSIMスロットは、microSIM用です。microSIMは、mini-UICC(mini Universal Integrated Circuit Card)とか、3FF (Micro 3rd-Form-Factor) SIM、new SIMなどとも呼ばれてもいます。

 SIM(microSIM、GSM SIMとも呼ばれます)とは形状が異なります。
 microSIMは、15 x 15 x 0.76mm、miniSIMは12 x 25 x 0.76mm。microSIMの面積はminiSIMの半分以下です。ただし、厚みが同じなので、SDのような入れ子式のmicroSIM/miniSIMアダプターの登場は望み薄です。miniSIMを切って小さくしても、microSIMになりません。
 microSIM対応機種は、今のところiPadだけだと思います。 
以下読売新聞の記事の要約です。

 ドコモが、「iPad」の日本発売に合わせ、「SIMカード」単体での販売を検討していることが30日、明らかになった。

 国内の大手通信会社がSIMカードを単体で販売するのは初めて。

 iPadの3G対応モデルは「SIMフリー」の仕様で、SIMカードの別途購入が必要。ドコモは、この機種が発売される6月以降に合わせてSIMカードを販売する 方向だ。

 iPad向けSIMカードは、携帯電話用の半分程度の大きさで、携帯電話との互換性はない。だが、米グーグルもSIMカードを利用者が自由に差 し替えて通信会社を選択できる携帯電話「ネクサス・ワン」の国内販売を予定している。このためドコモは、携帯電話向けのSIMカードの販売も検討してい る。今後、外国製の人気端末が普及すれば、端末と通信会社を利用者が自由に選択できるSIMフリーが、日本でも進む可能性がある。

 国内の携帯電話機は、例えば、ドコモの携帯電話機間ではSIMカードの差し替えが可能。しかし、ソフトバンクの電話機とは差し替えて使うことができない。

 ◆SIMカード=携帯電話番号や契約内容を識別する情報が記録された小型ICカード。これを携帯電話に差し込むことで初めて通信可能になる。日本 の携帯電話機には、他の通信会社のSIMカードを差しても通信できない「SIMロック」がかけられている。海外の携帯電話機は、こうした制限がないものが 一般的だ。複数の通信会社のSIMカードに対応した電話機は「SIMフリー」端末と呼ばれる。

(2010年1月31日03時04分  読売新聞)

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ