JAVA on BREW by Qualcomm

| コメント(0) | トラックバック(0)
 QualcommがBrew MP上でSun Java™ Wireless Client が動くようになったと発表しています。

 端末メーカーがBREW MP上にJava Clientをプリインストールして出荷することにより、JavaアプリがBREW上で使えるようになります。
 BREWはネイティブアプリが動かせることが長所、Javaはサンドボックスがセキュリティを担保してくれることなどが長所、などなど両者は常に比較され、JavaかBrewかの二者択一でした。
 が、あっさり合体です。

 BREW上でJavaが動くようになると、BREWアプリも、JAVAアプリも動く携帯ができます。
 ネイティブアプリも動かせるし、サンドボックス上での自由なアプリ実行もできるようになり、BREW と Java の良いとこ取りです。

 途上国向けの超低価格の携帯電話などは、AndroidやiPhone OSが動く、OMAP3, 4やSnapdragonクラスのCPUを搭載できません。機能よりも低価格であることを優先する携帯電話は、今後も販売され続けるでしょう。
 BREWのような軽めのプラットフォームは、こうした携帯電話向けにニーズがあるのかもしれません。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/533

コメントする

最近のブログ記事

LPWAで100㎞以上の遠距離通信
h2{ font-size:120%…
PHS新規受付終了
PHSの新規受付および料金プラン変更受付…
AT&Tが自称5Gを開始
AT&Tがアメリカで商用5Gサ…
カスタム検索