iPhone OS 4.0

| コメント(0) | トラックバック(0)
iPhone OS 4.0 のPreviewが公開されました。
iPhone向けリリースは夏、iPad向けは秋だそうです。

なお、iPhone 3G, iPhone 3GSは、4.0にアップグード可能ですが、iPhone 3G や2代目iPod touchは iPhone OS 4.0を導入できるものの、マルチタスクを含む一部の機能には対応しないとのこと。
iPhone OS 4.0の 新機能 をリストします。

Bluetoothキーボードが使えるようになる


  アプリを2160本まで収容できる(今は180本まで)
  • ホーム画面にフォルダが作れる
  • フォルダにドラッグ&ドロップで複数アプリを収納できる
  • 1つのフォルダには12個のアプリが収納可能(12x180=2160)
メール強化:
  • 複数アカウントのメールを1つの受信箱に統合
  • メールのスレッド表示
  • 添付ファイルのアプリ連携(対応アプリ起動)
  • Exchange Server 2010対応
  • 複数のExchangeアカウントと同期
  iBooks
  • iBookstoreの利用
  • 「ここまで読んだ」同期
  • iPadで購入した本の共有
  • プーさん同梱
カメラ
  • カメラの5倍デジタルズーム
  • 動画撮影時のタップフォーカス(タップした所に焦点が合う)
データ暗号化
  • メール本文、添付ファイルの暗号化
  • データを保存する際に暗号化するAPIを開放
その他
  • スペルチェッカー(iPadのやつ)
  • プレイリスト作成
  • ホーム画面の壁紙変更
  • ジオタギング対応

法人利用 を想定した機能も強化しています。






端末管理の集中管理機能(法人利用想定)
  • リモートで端末をロック
  • リモートで端末の設定・更新
  • 端末利用状況モニタ
業務用自社専用アプリ対応
  • Apple Storeを介さず企業ポータルからのアプリインストール対応
  • リモートで端末の設定・更新
  • 端末利用状況モニタ
SSL VPNサポート
  • Juniper とCisco が、SSL VPN機能提供予定

開発者向け の機能も大幅充実

  • 1500の 新API をSDK4で追加
    カメラ、カレンダー、フォトライブラリ、クイックルックなどに開発者がアクセス可能
  • Game Center用API GameKit APIs を追加

  • Appleが広告をとってきてくれる「 iAd
    • Apple自身が広告枠を販売するアプリ内広告
    • 開発者には収益の60%を分配

  • マルチタスク用API 追加
    アプリが マルチタスクで動く(数種類のバックグラウンドAPIを公開)
    1. バックグラウンドで音楽再生
      • 例:ネットラジオ聴きながらiTunesで曲購入
    2. VOIP
      • 鞄にしまっている状態のiPhoneでVoIP受信可能
      • 例:他アプリ起動中にSkype受信するとポップアップ通知
      • 例:SkypeしながらSafariでブラウジング
    3. バックグラウンド位置情報
      • アプリ処理しながらバックグラウンドで位置情報取得
      • 例:音楽聞きながら、音声ナビ
      • 例:位置情報は自分でアプリを開いて確認しなくても、アプリから通知してくれる
    4. プッシュ通知
      • 他アプリ起動中もサーバーからの通知受信
    5. ローカル通知
      • アップルのPush Notificationサーバを使わず、アラームを鳴らす
    6. task completion
      • 処理終了まで待たずに他のアプリ起動してもバックグラウンドで処理継続
      • 例:動画や写真のアップロード・ダウンロード中はアプリを開いたまま完了を待つことなく、別のアプリに移れる
    7. 高速アプリ切り替え
      • アプリの状態を保存して終了、復帰。アプリ再起動にならない

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/607

コメントする

最近のブログ記事

Bluetooth 5
Bluetooth 5 をBluet…
auから1980円プラン
h4{ font-size:120…
格安SIMシェア上位3社で45%
格安SIMのシェア調査結果を、ICT総研…
カスタム検索