2010年6月アーカイブ

Qualcommが、BREW MPアプリケーションストアを中国にオープンすると発表しています(Qualcommの発表)。

BREW MPアプリケーションストアは、中国最大の総合ポータルサイトSINA(新浪網 http://www.sina.com.cn/)が運営するそうです。SINAの英語サイトhttp://english.sina.com/index.htmlもあります。

携帯電話などにワイヤレスで電力を供給できる電界結合方式の電力伝送システムを村田製作所が発表しました。

このシステムを使うと、電源コードなどなしで、充電台に機器を置くだけで充電することが可能となります。
2010年秋量産開始を目標だそうです。

電界結合方式

電界結合方式とは、送電側と受電側に電極を設置し、電極間に発生する電界を利用してエネルギーを伝送する方法です。電極間には容量が発生するため、容量結合方式ともよばれています。
仕様
  • 伝送電力     1~10W
  • 伝送効率     ワイヤレス伝送部のみで90%以上
  • 外形寸法(3W品)
    送電モジュール: 50 x 25 x10 mm
    受電モジュール: 10 x 10 x 1.5 mm

CiscoがAndroid搭載のタプレット「Cisco Cius」を発表しました。
クレードルがIPフォン機になっているというか、IPフォンのディスプレイがモバイル化したような製品です。

Cisco Cius」の詳細仕様は不明ですが、モバイル網は3G,4G対応と なっています。おそらく、LTE対応タプレットになると思われます。

年末プレリース、来年1Qに一般リリース予定です。

WiMAX対応のAndroid携帯「Samsung Epic 4G」をSprintが発表しました。「HTC EVO 4G」に続いて2機種目のWiMAX携帯です。

HTC EVO 4G」同様、CDMA2000とWiMAXに対応したKDDIとUQのためにあるような仕様のスマートフォンです。
Samsung Epic 4G」が国内で発売されるかどうかは、WiMAX携帯EVO 4国内発売の可能性同様、KDDIの取り組み次第ということのようです。

仕様
  • OS:Android 2.1
  • CPU:amsung 1GHz Cortex A8 Hummingbird
  • ディスプレイ:マルチタッチ対応の4インチアクティブマトリックス有機EL
  • キーボード:スライド式QWERTYキーボード
  • Wi-Fi b/g/n
  • WiMAXへのテザリング対応(Wi-Fi子機5台接続可)
  • 電池1500 mAh
  • 加速度計搭載
  • サイズ:124.8 × 64.6 × 14.2 mm
  • 重さ:155g
  • カメラ2台
    5百万画素オートフォーカス、3倍デジタルズーム、LEDフラッシュ付
    前面VGAカメラ

Steve JobのTwitterに、 iPhoneリコールのつぶやきが掲載されています。


ソフトウェア版Kindle for Androidが登場しました(Amazonの発表)。
これでソフト版Kindleは、PC版、Mac版、Blackberry版、iPhone版、iPad版対応がそろいました。
Kndle for Androidは国内からでも無料でダウンロードできます。

Google Docs ViewもAndroidとiPhone /iPad に対応しました(Googleの発表)。AndroidでもiPhoneでも.ppt, .doc, .docx, PDF filesを閲覧できるようになりました。

iPhoneとAndroid両対応が増えてきそうです。
読売新聞の記事によれば、 テレコムサービス協会など四つの業界団体が、携帯各社の通信サービスなどの名称を統一し、近くホームページなどで公表する。各社が8月以降に作る商品広告やカタログで、統一用語を使ったり、サービス名に併記したりするように要請するそうです。
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20100628-091467-1-N.jpg

「パケ・ホーダイダブル」、「EZナビウォーク」など通信、インターネット関連のサービス名や専門用語など、約350語について統一し、利用者の理解を助けることが目的。
Blu-ray Diskの新規格BDXLIH-BDが決まりました。

BDXL
最大記録容量128GBのBlu-ray Disc新規格 BDXLが決まりました。
現在のBlu-rayは、最大記憶容量50GB。

BDXLでは、記録層を最大4層(現在は最大2層)にして128GB。3層だと100GB。
BDXLの追記型(REWRITABLE)は3層100GB のみ。
IH-BD
IH-BD:Intra-Hybrid discsは、1層のBD-ROM層(25GB)と1層のBD-RE層(25GB)を重ねたディスク。
製品化時期等は不明です。
SDカードの新規格UHS-Iが承認されました( SDカードアソシエイションの発表)。
UHS-Iは、転送速度104M/sに高速化する速度の規格です。
容量の規格は、SD,SD-HC,SD-XCです。
UHSは、Ultra High Speedの略で、XCは、eXtended Capacityの略です。

東芝のサイトでは、UHS-IIの規格も掲載されています。
http://www.toshiba.co.jp/p-media/sdxc/img/newgene_sd.gif
ICANNが新たな中国語ドメイン「.中国」「.中國」「.台湾」「.台灣」「.香港」を承認しました。

ICANNの発表によれば、「地球人の5人に1人は中国人だという現実を考えると、約10億人が今回の決定で恩恵を受けることになる」そうです。
"One fifth of the world speaks Chinese and that means we just increased the potential online accessibility for roughly a billion people."
今回の決定で、中国語ドメインは以下のようになります。
全部中文
【中文.中国】【中文.中國】
【中文.網絡】【中文.网络--.net相当
【中文.公司】--.com相当
【中文.香港】
【中文.台湾】【中文.台灣】
中文+アルファベット
【中文.cn】、
【中文.hk】 【公司.hk】【網絡.hk】【組織.hk】【教育.hk】【個人.hk】【政府.hk】
【中文.tw】
【中文.com】、【中文.net】、【中文.cc】
全部アルファベット
【.cn】【.com.cn】【.net.cn】【.org.cn】
【.hk】【.com.hk】【.net.hk】【.org.hk】【.edu.hk】【.gov.hk】【.idv.hk】
【.tw】【.com.tw】【.net.tw】【.org.tw】【.idv.tw】【.game.tw】【.ebiz.tw】【.club.tw】
管理組織は、中国互聯網絡信息中心(CNNIC)、香港互聯網註冊管理(HKIRC)、台湾網路資訊中心(TWNIC)の3団体が認定されています。

CNNICは、「.中国」ドメインの登録を受け付中で、CNNICには8月にも利用が開始になるそうです。CNNICには、すでに大量の申請が寄せられ、省庁及び省・自治区の90%、ニュースメディアの95%、90%以上の重点大学、トップ企業100社の過半数がすでに申請しているとのこと。

アダルトサイト専用ドメイン
.xxx ドメインの新設も承認されています(ICANN の発表)。"adult entertainment industry"専用だそうです。
会社が学校のWEBフィルターも確実にブロックしてくるでしょうし、ISPや携帯電話会社の児童保護サービスでも、ブロックされることでしょう。

次回 のICANN会議で正式に承認され、早ければ2011年初めにも.xxxドメインが開設されるそうです。
UQコミュニケーションズは6月24日、UQ WiMAXの屋外基地局免許取得数が1万局を超え、10,007局になっ
と6月7日に行われた発表会で発表しました。
10,007局のうち、電波を発射した基地局は、448市区町村で8549局になっているそうです。

UQ WiMAXの基地局は、
  • 2009年度末:  7013局(実績)
  • 2010年度末:1万5000局(予定)
の建設を目指しています。
GIGAZINE のKDDIへの取材記事によると
CDMA2000版iPhone 4」や「HTC EVO 4G」 などの、海外で販売されているCDMA2000対応スマートフォンをKDDIのネットワークで利用することは理論的には可能であり、auで海外製スマートフォンを利用できるようになるかどうかは、KDDIの取り組み次第。
だそうです。
同取材記事によると、
 旧800MHz帯におきましては、放送波との干渉を避けるために国際標準と比較して上り下りが入れ替わった周波数を採用しています。 しかし現在整備を進めている新800MHz帯につきましては、上り下りの帯域は国際標準型に準じたものとなっています。
新800MHz帯への移行を終えた後に新800MHz帯と2GHz帯のみをサポートした端末が発売される可能性はあるかもしれません。
とKDDIが回答しています。

新800MHz帯への移行を終えるのは、KDDIの周波数再編は、2012年7月までに完了予定なので、2年後ということになります。
東芝が、「無線LAN内蔵フラッシュメモリカード共同規格策定フォーラム」(仮称)を29日に設立します。

無線通信機能内蔵型SDカード

フォーラムで普及促進をめざす無線通信機能内蔵型SDカードとは
  • Wi‐Fi準拠の無線LAN通信機能内蔵し、
  • SDメモリカード規格に準拠しており、
  • SDHCに対応したスロットを搭載したデジタルスチルカメラなどで使用可能
  • 通信機能を持たない機器でも、対応したSDカードを挿入した機器間で無線通信が可能
といった特徴をもちます。

用途

用途は、撮影した画像データを、対応機器同士で相互に送受信することなどを想定しています。

東芝がフォーラムを作った目的は、NAND型フラッシュメモリの新しいアプリケーション、市場を創出し、メモリ事業の拡大・強化を図ることだそうです。

フォーラムのメンバー
  • 幹事:東芝
  • 共同提案:Trek 2000 International Ltd(シンガポールの電子部品メーカー)
  • デジタルカメラメーカーなどに広く参加を呼びかけ中
といった構成です。
UQ
WiMAX
イー
モバイル
UQ-EM UQ÷EM
関東 4453 3796 657 117%
東海 1415 1214 201 117%
中国 433 348 85 124%
近畿 1880 1847 33 102%
四国 127 112 15 113%
沖縄 37 36 1 103%
北陸 79 101 -22 78%
九州 536 624 -88 86%
東北 210 424 -214 50%
信越 45 274 -229 16%
北海道 197 501 -304 805
全国 9412 9277 135 9142
総務省の「無線局免許情報検索」に平成22年05月29日現在の基地局数がアップされていました。
集計してみると、UQが9412局、EMが9277局でした。
UQがEMの1.35倍の基地局を持っています。

9,412局: UQコミュニケーション
9,277局: イー・モバイル
関東、東海、中国、近畿、四国、沖縄でUQがイー・モバイルを抜き、北海道、信越、東北、九州、北陸ではイー・モバイル有利な状況です。
Firefox 3.6.4 がリリースされました。3.6.4では、プラグインプロセスを分離したそうです。

Firefox 3.6.4 の Windows 版と Linux 版は、Adobe Flash、Apple QuickTime、Microsoft Silverlight といったプラグインが原因のクラッシュで、Firefox 本体に影響が及ばないように、プラグインプロセスを分離しました。
従来のFirefox では これらのプラグインがフリーズしたり、クラッシュしたりするとFirefox 本体を道連れにして死んでいました。
3.6.4では、これらのプラグインが、FireFirefox 本体を巻き込まず、プラグインコンテナだけが落ちますので、ページを再読み込みすればプラグインを再起動して再度コンテンツを表示してみることができます。

ちょっと嬉しい改善です。

機種名 インタフェース 料金
 DATA01   USB   定額製
DATA02  Express Card
DATA03  USB    従量性 
DATA04  Express Card
昨年9月に発表されたWiMAXとauのデュアル端末が6月29日からやっと発売されるそうです(KDDI発表)。

発売されるのは、「DATA01」、「DATA02」、「DATA03」、「DATA04」の4種類。いずれも、WiMAX機能を搭載したWINデータ通信端末です。
「DATA01」と「DATA03」は料金プラン以外のハード仕様は同じで、「DATA02」と「DATA04」も同じ物のようです。USB接続タイプが「DATA01」と「DATA03」、Express Cardタイプが「DATA02」と「DATA04」と2種類ということになります。


WiMAXとCDMA2000間のハンドオーバー
WiMAXとCDMA2000を、双方の電波状況に応じて自動的に切り替えます。
詳細なハンドオーバー仕様は不明ですが、
  • 両方とも圏内ならWiMAXで接続し、
  • WiMAXが圏外となれば自動的にCDMA2000で接続。
  • CDMA2000で通信中にWiMAXの圏内に再度入れば、無通信になるのをまってWiMAXに切り戻す
ようです。
利用している網がWiMAXかCDMA2000かは、本体のLEDの色や、PC上のタスクアイコンの色でわかるようになっているようです。

料金
定額制や従量制などいくつかの料金プランがありますが、定額制プランだと、下限980円、上限5750円の使い放題です。
WiMAX単独の料金プランUQ FLATの4,480円より1,270円高くなっています。
さくらインターネットが 北海道の石狩にデータセンターを作るそうです。
北海道に作るのは寒いので空調用電力が削減できPUEが向上することのに電力費などのコストが削減できるからだそうです。
石狩データセンターのコストは、都市型のコストの半分以下になるようです。
規模も大きく、東京ドームの約1.1倍の敷地に64万台のサーバーが収容できるそうです。
1ラック160台×1棟500ラック×8棟= 64万台です。

総務省の データセンター特区構想は、10万台規模を想定しているそうです。民間企業1社の計画が政府の構想を上回る規模で展開してゆくことになります。


新型サーバーなら800万CPU
CPUを512個搭載したデータセンター用サーバー「SM10000」をネットワンが発売します。
10Uのシャーシに512個のCPUを搭載し、1ラックあたり2,048 CPU実装できるサーバです。
石狩データセンターの全ラックに「SM1000」を実装すれば、 800万CPUを実装できることになります。NW機器もケーブリングスペースも必要ですが、数100万CPUを設置可能であることは確かです。

「SM1000」の各CPUは1.6 GHz Intel Atom Z530。1カードに8CPUが載っています。そのカード64枚を1シャーシに実装できるので512CPUです。このシャーシを40Uのラックに4台マウントすると2千CPUになります。
2千台のNetbookを1ラックに 収容したような感じですが、CPU間は 1.28 テラビットで接続(独自仕様)されていたり、ロードバランサが実装されていたり、3+1の冗長化電源があったり、CLI、SNMP、Syslog、 Telnet、SSHなどの管理インタフェースがあったりします。
価格は、2335万円から

さくらインターネットでは、プロセッサにAtomを使用する「さくら製Atomサーバー」を使用しているそうなので、同じATOMを使用した「SM1000」採用は意外に現実的かもしれません。

モバイルブロードバンド用帯域として90MHzをあらたに解放すると米国のFCCが発表しています。
FCCは、モバイルブロードバンド用に大量に帯域を確保する「National Broadband Plan 」を遂行しています。

National Broadband Plan第5章「SPECRUM」では
  • 2016年までに帯域300MHzを確保する。
  • 2020年までに合計500MHz確保する(2015年までに確保する300MHzとの合計)。
招待制だったGoogle Voiceに、招待なしで加入できるようになりました。
ただし、Google Voiceが使える国が、アメリカ、カナダのみである点は変更ありません。

SkypeやGoogle Voiceなどのサービスにより、音声通話が無料に限りなく近づいてゆく流れが、逆流することはなさそうです。


100GbpsのEthernet仕様「IEEE802.3ba」が6月17日に米国電気電子学会(IEEE)で承認されました(IEEEの発表)。
IEEE802.3ba」は、100Gbpsにくわえて40Gbpsの仕様も規定しています。

すでに、ドラフト「IEEE802.3ba」に基づいて、100Gbpsの回線サービスが開始されていたり、40Gbps のLANカードが発売されていたりします。「Interop Tokyo 2010」でも各社が100Gbps対応製品をライブデモし、ShowNetでも100Gbpsが使われていました。

各社100Gbpsの対応が進んでおり、正式承認により一気に100Gbps時代に突入するものと思われます。
Googleも、Twitterも、Facebookも、WikipediaもSSLで暗号化するソフトHTTPS Everywhereはが公開されました。
インターネットト通信を暗号化し、政府のネットワーク監視や規制を阻止しようという目的で、EFFTorが作ったソフトです。

現在対応サイトは以下のとおりです。
  • Google Search
  • Wikipedia
  • Twitter
  • Facebook
  • The New York Times
  • The Washington Post
  • Paypal
  • EFF
  • Tor
  • Ixquick
マイクロソフトの携帯用OSが枝分かれしました。
新しい枝は、6月17日に発表された「Windows Embedded Handheld」です。

Windows Embedded Handheldは、企業向けとしてセキュリティ機能や、、管理機、Windows PCやサーバへの接続などの機能が実装されているとのこと。

マイクロソフトは、携帯用OSとして3製品を提供するそうです。
  1. Windows Embedded Handheld
      (企業向け)
  2. Windows Embedded Compact 7
      (企業向け)
  3. Windows Phone 7 
      (一般用)

ブラウザをIE6からIE8にアップするよう内閣が推奨しています(内閣官房情報セキュリティセンターの報道発表資料)。内閣が推奨しているブラウザは、Internet Exploro8 だけです。

なぜ、IE8だけが推奨ブラウザなのか不思議です。政府がMicrosoftからお金をもらって推奨しているのではないと思いますが、FirefoxやOperaなどに言及せずIE8だけを推奨しているのが不自然です。
Office 2010に添付されれるフォントがJIS2004準拠になりました。
「HG丸ゴシックM-PRO」「HG明朝E」「HGゴシックE」「HG創英角ポップ体」「HG創英角ゴシックUB」の5書体がJIS2010準拠になりました。
これにあわせて、Office 2003/2007でも使えるMicrosoft Office JIS2004互換フォントも公開しました。無料でダウンロードできます。
今後、Microsoftは、JIS90互換フォントの提供をやめ、Windows 7の次のOSからは、JIS90互換フォントは提供しないそうです。
Windowsで作ったコンテンツが携帯では、異なる書体で表示されたり、文字化けしたりすることが普通におきそうです。
KDDIの社長が、「WiMAXとのハイブリッドカードで力を入れていきたい。」と発言しているにもかかわらず、「WiMAX とCDMA2000とのブリッド端末」は、いっこうに発売されません。

UQ(KDDI)がずるずると発売を延期しているなか、同等の製品が、米国Clearwire の製品から発売されています。
CLEAR 4G+ USB (Series S)がそれです。ユニークな形をしていますが、立派にWiMAXとCDMA2000両対応。
以下はCLEAR 4G+ USB (Series S)の仕様です。

対応モバイル網
  • 1x EVDO Rev A   850/1900 MHzq
  • WiMAX        2500 MHz
対応PC
  • CPU: 300 MHz以上
  • RAM: 256 MB以上
  • HDD: 65 MB以上の空きスペース
  • OS
    • Windows® XP SP2
    • Vista® (32 & 64 bit)
    • Windows® 7 (32 & 64 bit)
    • Mac OS X Versions 10.5.x and 10.6.x
内蔵チップ
  • CDMA chipset--Qualcomm QS6085
  • WiMAX chipset--Beceem BCS250
iPhone 3Gなど現在多くの端末で使用されている従来サイズのSIMを、iPad で使用されているMicro Simサイズに切断するカッターをCut my Sim, Back to normalを、Vintage Computer Inc.日本で予約販売しています。2,300円です。

切りとって、Micro SIMサイズになったものを、再度SIMサイズに戻して使うための、アダブタ「Back to normal 」も付属しています。

使い物にならなくなったら再発行
Micro SIMを切ってMicro SIMサイズにした結果、使えなくしまった場合には、SIMカード再発行です。
Cut my Simには「自己責任の下ご利用ください 」との注意書きがありますので、カッター販売元に抗議しても無駄です。
SIMカード再発行手数料
  • ドコモ:   3,150円
  • ソフバン:  1,995円
  • au by K : 2,100円

iPadの発売に前後して、iPad を売ることができない各社から、モバイルWi-Fiルータがアナウンスされました。それらモバイルWi-Fiルータ向けの、料金プランも出そろいました。

使い放題で最安値は、UQ Flatの4480円です。ドコモは、4410円ですが、2年目縛りの2年目が5980円なので実質5195円で最高値です。

通信会社 料金プラン 最小 最大 備考
ドコモ 定額データプラン  1000円  4410円 2年縛り
2年目は5985円に
UQ
UQ Flat 4480円 4480円 縛り無し
下:40M、上:10M
EM スーパーライト
データプラン
280円 4680円 2年縛り
2か月280円割引
UQ UQ Step 380円 4980円 縛り無し
下:40M、上:10M

モバイル網でのデータ通信は、月額4500円前後が相場になりつつあるようです。
Opera 10.60が、Alpha版からbeta版に進化しました( Operaのプレスリリース)。
特徴は、、
  • 速い
  • WebMサポート
    WebMは、Googleが開発しているオープンな動画規格
  • Appcacheのサポート
    Appcacheは、HTML5のアプリケーションキャッシュ機能)
  • 位置情報 ( ジオロケーション ) の対応
などですが、例によって、Opera 最大の特徴は、速さです。
Browser   Peacekeeper
(Punkte)  
Opera 10.60 Beta 1  7529 
Google Chrome 5.0.375.70
(Beta)  
6793 
Opera 10.53  5329 
Firefox 3.6.3  3016 
IE 9 PP (Mai)  2016 
Internet Explorer 8  900 
 
カメラで撮影された動画を無線(Wi-Fi)を使ってリアルタイムにiPhoneへストリーミング配信するカメラ搭載ラジコンヘリ「AR.Drone」が発売されます(米国価格は299ドル)。

使い方
AR.Drone」は、撮影した画像にAR(拡張現実)でロボットや敵機を出現させ、バーチャルな空戦を楽しむことが目的です。現実に存在するラジコンヘリを操作して、ヘリから撮影したリアル画像にARを使ってバーチャルな敵を出現させ対戦という手の込んだ遊びです。

目的外使用としては、隣の家の観察とか、露天風呂の空撮とかいろいろ用途はありそうです。
単に、iPhoneで操縦できるARヘリコプターというだけではありません。
幸い、カメラは93度の広角レンズなので、高空から密かに超望遠で撮影することはできません。画質もVGAサイズを15fpsなのでデジタル処理での部分拡大して細部が見えることもありません。
また、バッテリーの駆動時間は15分なので、長時間の目的外使用はできません。
カメラの換装したり、軽量化してバッテリーを増強したりするのは、マニアの腕の見せ所です。
超音波高度計も6mまでしか対応していませんので、要改造かも。
Wi-Fi部分の改造は、電波法違反になる可能性もあるので、要注意です。
富士通と東芝の統合
富士通と東芝が携帯電話事業を統合する方向で最終調整をしているそうです。
両社は年内にも共同出資会社を設立する見込みだと報道されています。
統合後は、海外市場開拓にも乗り出すとのこと。
2GHz動作のCPUを搭載したスマートフォンがをモトローラが年内に発売(PC Worldの記事)するそうです。
タッチパネルで行う操作Touch Free InterfaceがAndroid端末向けにリリースされました。

タッチパネルなどのハードウェア不要のソフトウェアで、CPUへの負荷やメモリの消費も少ないそうです。ソフトで、検出できる動作には以下のものがあります。
  1. 手を左から右に振る
  2. 手を右から左に振る
  3. カメラを手でかざす
  4. カメラに短時間手をかざす
  5. 投げる
  6. 捕 まえる
  7. ブロックする
  8. 持ち上げる、降ろす
1から4は、eyeCanという一般ソフト用インターフースとして、5から8はeyePlayというゲーム用インタフェースソフトに実装されています。
ワンセグ放送ができるデジタルTV放送規格「ISDB-T」を、フィリピンが採用し、同方式を採用する国が、10ヶ国になりました。
ISDB-T採用10ヶ国
中南米8カ国(ブラジル、ペルー、アルゼンチン、チリ、ベネズエラ、エクアドル、コスタリカ、パラグアイ)
アジア(フィリピン、日 本)
「ISDB-T」は、日本が考案したデジタルTV放送規格です。
デジタルTV放送規格には、北米のATSC(digital Audio Broadcasting)や、ヨーロッパのDVB-T(digital Audio Broadcasting)があります。

DVB-Tを採用するのは、現在102カ国
DVB-Tを採用するのは、現在102カ国
Albania, Algeria, Andorra, Argentina, Armenia, Australia, Austria, Azerbaijan, Bahrain, Belarus, Belgium, Bermuda, Bolivia, Bosnia Herzegovina, Brazil, Brunei Darussalam, Bulgaria, Cambodia, Chile, China, Colombia, Costa Rica, Croatia, Cuba, Cyprus, Czech Republic, Denmark, Dominican Republic, Dubai, Estonia, Ethiopia, Faroe Islands, Finland, France, Germany, Ghana, Greece, Hong Kong, Hungary, Iceland, India, Indonesia, Iran, Iraq, Ireland, Israel, Italy, Japan, Kenya, Lao PDR, Latvia, Libya, Lithuania, Luxembourg, Republic of Macedonia, Malaysia, Malta, Mauritius, Moldova, Montenegro, Morocco, Myanmar, Namibia, Netherlands, New Zealand, Nigeria, Norway, Oman, Pakistan, Peru, Philippines, Poland, Portugal, Qatar, Republic of Panama, Republic of Cape Verde, Romania, Russian Federation, Saudi Arabia, Serbia, Seychelles, Singapore, Slovakia, Slovenia, South Africa, South Korea, Spain, Sri Lanka, Sweden, Switzerland, Taiwan, Thailand, Trinidad and Tobago, Tunisia, Turkey, Uganda, Ukraine, United Kingdom, Uruguay, USA, Venezuela, Vietnam
ATSCを採用するのは、現在11カ国+5地域
ATSC採用11ヶ国 Bahamas,Bermuda,Canada,DominicanRepublic,Guatemala,ElSalvador,Honduras,Mexico,Nicaragua,UnitedStates,SouthKorea
American Samoa,Guam,Northern Mariana Islands,Puerto Rico,U.S. Virgin Islands
「ISDB-T」採用10ヶ国に加え位、ボリビア、ベリーズ、ニカラグア、ジャマイカ、ドミニカ、キューバもISDB-Tの実験放送をしていますが、「ISDB-T」を採用する国のかなで、ワンセグを採用する国はさらに少数です。ワンセグ受信機能は、海外で使えない機能の代表のようなものです。

総務省が推進する日本方式といえば、PHSが思い出されます。次世代PHSの掛声とともに技術開発を行ったXGPなどは、卵から雛になることもなく終わってしまいそうです。

ガラパゴスの元凶は、総務省かもしれません。


総務省の発表
DVBのサイト
ATSCのサイト

Qualcommがインドで携帯電話事業用電波免許を取得しました。

Qualcommは、インド政府の行った2.3 GHzの電波オークションに入札し、4地域の電波免許を491億ルピー(970億円)で落札しました。落札た4地域の人口は1億人を超えます。

Qualcommの計画
Qualcommは、この周波数を使って、インドで中国仕様のTD-LTEを展開する予定です(Qualcomm が通信事業者に)。
お年寄りとネットの関係を研究する「DENTSUデジタルシニア・ラボ」が発足しました。

60代以降でネットやデジタル機器を自由に使いこなしアクティブなお年寄りを「デジタルシニア」と呼ぶそうです。
60才以上のシニア層は、昨今の厳しい景況下においても堅実な消費の伸びを示しているようです。

簡単でシンプルが基本のお年寄り向け携帯電話とは路線で、「デジタルシニア」向けスマートフォンとかが出てくるかもしれません。
ソフマップが、携帯電話の下取りを始めました。

旧世代のiPhoneの買い取り上限額は15,000円から35,000円程度です。

15,000円 : iPhone 3G  8GB
20,000円 : iPhone 3G 16GB
30,000円 : iPhone 3GS 16GB
35,000円 : iPhone 3GS 32GB

iPad もソ フマップで買い取ってくれるそうです。

33,000円 : iPad Wi-Fi 16GB MB292J/A
40,000円 : iPad Wi-Fi 32GB MB293J/A
ドコモがLTE商用ネットワークの試験運用を開始したので、ドコモのLTEサービス概要を、現時点で報道されている情報をもとに、まとめてみました。

IOSと言えばCiscoのIOS(Cisco Internetwork Operating System)ですが、AppleのiPhone OSが、iOSに改名しました。
IOSiOS 微妙な違いです。

「IOS」の登録商標を持っているCiscoが怒りそうですが、Appleは「iOS」に関して、Cisco Systemsとライセンス契約を結んだそうです。Ciscoは「iOSの商標をAppleがiPhone、iPod touch、iPadのOSの名称として使うことを認める」契約を結んだそうです。ただし、商標のみの提供で、技術供与はないそうですので、iPhoneが、ルータ機能を持つことはありません。


Appleは、iPhone OSのロゴも変更しました。新しロゴは、iPhoneの形そのまです。iOS 4 のリリースを契機に、名前もロゴも更新です。
なお、「iPhone OS 4」あらため「iOS 4」を搭載した「iPhone 4」の日本発売は6月24日からで、6月15日から「iPhone 4」予約受付開始。
アップデートは21日からだそうです。iOS 4が使えるのは、iPhone 4以外では、iPhone 3GS、iPhone 3Gです。ただし、利用できる機能はデバイスによって異なります。例えばマルチタスキングは、iPhone 4およびiPhone 3GSでのみ利用可能です。

常用漢字を196文字増やし2136文字する案が、文化庁の第42回国語分科会漢字小委員会で提示されました。

昔のOSでも、JIS第1水準2965文字、 第2水準3390文字、合計6355字程度は収録しています。常用漢字が2136文字になっても問題は生じないように思えます。

しかし、今回常用漢字に追加される「剝」は、第2水準にも含まれていません。「はくり」と入力すると、Windowsでは、剥離になります。「剝」が無いなら「剥」で代用すれば良いという人もいますが、「僧」と「」、「廐」と「」、「」と「」など漢字の書体の違いに拘る人もいます。
常用漢字で「剝」が採用されると「剥」が使いにくくなる様な気が ・・・

iModeで使える漢字
は、JIS X 0208に基づくShift-JIS漢字6879文字です。常用漢字が2136文字になると、正しい書体で「剝」が表示できません。

日本語ドメイン名で使える文字は、下記の4種で、漢字は第二水準まですので、、「剝」と表記するか「剥」と表記するか悩みます。
  • 漢字(JIS第一水準、第二水準)
  • 平仮名
  • 片仮名
  • 一部記号(・ー々ゝゞヽヾ〃仝〆〇)
Windows 7が使っているUNICODE 4.0は、96,382文字を収録しており漢字は、71,098あります。ただし、Unicodeには、中国、日本、韓国で漢字の字体が違うのに、同じ文字コードが割り当てられてしまった「CJK互換漢字」問題がありました。

追加された漢字は、以下の196文字です。「剥」と「剝」の違いなどに拘らずにリスト作ってます。

Wi-Fi対応機器からWiMAX経由でインターネットアクセスを可能とするWi-Fiルーターのラインアップが拡充されました。

新機種は、電池駆動のモバイルタイプ2機種と、据え置きタイプ2機種の計4機種。
モバイルタイプは、Egg iWWR-1000Jと、URoad-7000です。
イーモバイルのPocket WiFiも含めポータブルWiFiルータの仕様を表にしました。

機種名 寸法
mm
重量 WiFi 動作
時間
回線
DL/UL
Mbps
Egg
iWWR-1000J
110x61.8x28.3  130g b/g 5時間
(150分)
WiMAX
40/10
URoad-7000 104x62x14.9  117g b/g/n 3.5時間 WiMAX
40/10
URoad-5000 105x60x13.3  110g   b/g/n  3時間 WiMAX
40/10
Aterm
WM3300R
94x67x22  145g b/g 2.5時間 WiMAX
40/10
Pocket WiFi
D25HW
95.5x48.6x14.1  80g b/g 4時間 HSPA
7.2/5.8

最長稼働時間5時間の、Egg iWWR-1000Jは、フル充電150分。80分で4時間仕様でき、 最大7台(推奨5台)の子機が接続できるそうです。
孫さんがTwitterで、「やりましょう。既存iPhoneユーザーでFONルーター希望者への配布。」とつぶやいてます。孫さんはブログで、「やりましょう」は公約だと言っています。

ソフトバンクは、FONルータのばら撒きを積極的にやっています。
ソフトバンクが積極的にWi-Fi利用を推進するのは、Wi-Fi利用を利用してもらうことにより、携帯網から少しでもトラフィックを減らしたいから。今後も、FONのばら撒きは期待できそうです。
イーモバイルのドコモへのローミングが10月に終了します。
イー・モバイルが基地局を建設したからローミングを終了するのではなく、ローミングは、2010年10月までの期間限定契約であるため、時間切れで終了です。
2008年3月に、31道県でローミングを開始しましたが2年間3ヶ月で終了できたのは、8県のみ。
それを、あと4ヶ月で一気に23道県で終了します。この計画の不自然さは、イー・モバイルの基地局建設が間に合わないまま契約期限の2010年10月が来てしまう苦しさの現われです。
IPv4アドレスの残りが2ブロック減り16ブロックになりました。
2010年1月から現在までの6ヶ月で、10ブロック割り振られました。このペースだと1年以内で残り16ブロックを使い切ってしまいます。

UQコミュニケーションが総務省に提出したBWAサービスの進捗状況報告書(2010 年4月28日)を読んで、興味をひかれたことをメモしてみました。、

UQ WiMAXの基地局の建設
基地局の建設は50社体制でおこなっているそうです。
基地局建設体制
  • 2008年度:10社程度の体制
  • 2009年度:30社程度の体制(関東14社、中部7社、関西10社等)
  • 2010年度:50社体制
ちなみにUQの基地局は、4月の1ケ月間で677局増えています。1社が10局作ると500局ですので、677局建設は無理なくできそうな気がします。UQが超ハイペースで基地局を建設している謎が解けた気がしました。
なお、5月1日時点でUQの基地局は9015局(免許ベース)です。
通信センターは東西2か所
UQの通信センターの配置は以下のようになっているそうです。
  • 西日本通信センター(大阪市中央区)
  • 東日本通信センター(東京都多摩市)
  • オペレーションセンター(東京都新宿区)
  • 試験センター(試験ラボ)(東京都江東区)
UQは、「通信センターは、広域災害は重要障害の発生時における通信疎通継続を図るため、2拠点による分散配置を実施。全国で推定されるトラフィック量の100%を東日本/西日本通信センターのいすれか一方のみで疎通可能な容量を確保するために必要な設備を構築済み。」と報告しています。
IEEE802.16mでのさらなる高速化
UQは、「IEEE802.16mの標準化と並行して、具体的な機器仕様について基地局ベンダーと協議を開始している」そうです。
MVNO
UQのMVNOは39社(2010年3月末)だそうです。数の多さにビックリです。

重さ 2.5kg のモバイル端末がでました。http://blog.laptopmag.com/wpress/wp-content/uploads/2010/06/DSC00236.jpg
画面のサイズも14.1インチ 1440 x 900 が2枚分。厚さは3.3cm

重さといい大きさといいモバイル端末の常識的な上限を超えています。

作ったのはカリフォルニアにあるKnoという従業員90人の会社。1年前から真剣に開発しているそうですので、ネタとしてつくってみただけのオモチャではありません。

教育用途をねらって、$1,000以下で発売することを目標しているとのこと。

搭載OSは、Linux。電池は、2枚のディスプレーそれぞれに内蔵。その他仕様は不明です。

http://www.kno.com/img/lifestyle/1_kno_library2.jpg http://www.kno.com/img/lifestyle/4_kno_library.jpg


モトローラが正方形のスマートフォンFILIPOUTを今年のQ2に発売すると発表しました。

サイズは、67×67×17ミリで真っ四角です。
高解像度は捨てて、解像度320×240。
プロセッサもOMAP 3410(600MHz)と非力。
カメラも300万画素と並以下。

高機能追及はそこそこにして、デザインにこだわった感じです。

OS:Android  2.1
サイズ:67×67×17ミリ
重量:120g
電池:1170 mAh
通話275分。待ち受け 377時間(WCDMA時)
Display: 2.8" 320 x 240 pixels, QVGA TFT
無線
  • WCDMA 900/2100HMz
  • HSDPA 7.2 Mbps (Category 7/8) EDGE Class 12
  • HSUPA 2.0 Mbps, eCompass
  • GSM 850/900/1800/1900MHz
  • GPRS Class 12

iPhoneの親戚のようなスマートフォンや、iPad対向のタブレットPCなどのオリジナリティが感じられないモバイル端末が続々と発表されていますが、新しい形の追及は続いているようです。

未来形の模索過程で生み出されたコンセプトモデルの写真をいくつか貼り付けてみます。
 

Nokia の変形自在型電話
The Morph concept

Jim Mielke人体フル活用電話
Digital Tattoo Interface を使ってます。


Product Visionaires腕にまきつく
Snake Phone

Daizi ZhengがNokiaの依頼でデザインした
コーラで発電し動作する携帯電話
(コーラと言えば、ワンピースのフランキー?)


Yanko Design透明電話

O2 の酸素分子をイメージした
O2 Mobile phone

Parkoz Hardwareの
トランスフォーマー型電話


富士通の
灰皿型?電話


Laut Designの 透明電話

取り外し可能な携帯電話モジュール付きの
スレート/タブレットPC


Digital Tattoo Interface

Digital Tattoo Interface では皮膚の下に下記のような素子を手術で埋め込むそうです。
皮膚にはTattoo(刺青)で操作パネルを書きます。刺青を目印に皮膚を押すと、皮膚の下のグリッドが検知して動作するとか。

肌の下に埋め込むので、肌身離さず持ち歩きたい人には最適です。
素子は肌の下ですし、刺青もはがれたりしないので、置き忘れたりする心配もありません。 携帯電話がないと生きていけない人むけです。
iPhoneは、テザリングに対応しています。しかし、ソフトバンクとAT&Tは、テザリングを規制/禁止しています。
そのAT&Tがテザリングを開放します。

残るは、ソフトバンクです。ソフトバンクはSIMロックフリーのiPadをSIMロックしたり、テザリング対応のiPhoneをテザリング規制したり、Apple製品に規制をかけるユニークな通信事業者になりつつあります。
Amazonが、写真で商品検索ができるアプリをリリースしました。
カメラで撮った写真から似た商品を検索する機能や、GPSから現在地に近いコンビニを検索し、受け取り場所として指定する機能などがあります。

アメリカでリリースされたAmazon MobileAmazon Remember を日本語化したアプリです。

画像による検察は、Google GogglesMicrosoft のVisual Searchなどなど多数出ています。

Google Goggles
画像検索ではなく、画像で検索する。目で見た物(カメラの画像)で検索します。
Appleのロゴを見せると、Apple社に関する情報を検索して表示します。
お台場ガンダムを見せると、お台場の潮風公園のマップを表示する(した?)らしい。
Microsoft のVisual Search
商品や人物などの写真によって検索する新サービス。写真をアップして検索するのではなく。
表示される写真を選択し、深堀してゆくことによる検索。字が読めない人向け検索エンジンのような感じ。
Google image swirl
これも、表示される写真を選択し、深堀してゆくことによる検索です。
Swirlの元になっているイメージ検索のアルゴリズムは、Googleの論文に記載 されています。
この論 文によると、各画像間にvisual-hyperlinkというリンクがあると想定し、画像検索が、このVisual-Linkをたどって検索し てくる確率を画像間の類似性がら予想するそうです。2つの画像が類似しているほ ど、その画像間のVisual-Linkをたどって検索する確率は高いと想定します。
このように確率によって重みづけられた結果に対して PageRankアルゴリズムを適用することにより、画像のRankを計算するそうです。
KDDI 位置情報付き写真でランドマーク名を推測する技術を開発
ユーザはランドマークを携帯電話で撮影し、検索サーバに 送信するだけで、そのランドマークの名称や、関連Web 情報を検索することが可能になるそうです。
カ メラでケンサク! ERサーチ開始ひっそり終了
au 携帯電話のカメラで撮影した画像から情報を無料で検索できるサービス「カメラでケンサク! ERサーチ」は、2008年のサービス開始から2年で終了しました。理由は不明。
NTTが「データコネクト」というサービスを始めます。
ひかり電話」回線を利用した帯域確保型データ通信サービスですが、通信先との接続は、03等の市外局番から始まる電話番号を利用してオンデマンドでIP接続パス設定をします。

ISDN(INS64, INS1500)サービスでは、通信先の電話番号をダイヤルするとデータ回線が通信先との間に設定されるデータ回線交換網です。
データコネクト」もISDNと同様に、通信先の電話番号をダイヤルするとデータ回線が通信先との間に設定されます。
違いは、ISDNではLayer1接続なのに対して、「データコネクト」はIP接続であるとことと、回線速度です。ISDNは、64Kbps(xN)のLayer1接続であるのに対して、「データコネクト」では、1MbpsのIP接続です。

ひかり電話」の月額基本料金は1,575円なので、ISDN(INS64)の基本料金2,780円(事務所は3,530円)より安価です。通信料もISDNは3分 8.5円程度なのに対して、「データコネクト」は30秒1円(3分で6円)と安価です。

高速で、料金も安い「データコネクト」があれば、ISDNの必要性はほぼ消滅します。

ありそうで無かった32GBのmicroSDHCカードが発売されたそうです(ASCII.jpの記事)。
価格は1万4500円。

miniSDカードは、32GB以上の製品がありましたが、32GBのmicroSDカード店頭発売は、おそらく初です。
microSDカードですので、携帯電話用としての需要をねらっていることは確実です。

Firefox Syncの正式版がリリースされました。
Firefox Syncは、従来の「Weave Sync」です。正式版リリースと同時にFirefox Syncに改名されまし た。

このFirefox Syncの正式版は、英語、中国語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語など15か国語に対応していますが、日本語には対応していません。日本語が主要15カ国語から、脱落してしまっています。
そのため、日本語ユーザインタフェースがありません。

Firefox Syncは、現時点ではAdd On ですが、、Firefoxの今後のメジャーアップデートでFirefoxの機能として統合する計画だそうです。それまでに日本語対応になっていないと今後のFirefoxの日本語対応が心配になります。
数々のスマートフォンで採用されているQualcommのCPU「Snapdragon」にデュアルコア版がでました。
発表されたのは、MSM8260とMSM8660の2種類です。2種類とも、CPUに加え、GPUと無線部をチップ上に持っています。MSM8260とMSM8660の違いは、無線部です。

主な仕様は以下のとおり。

CPU(MSM8260/MSM8660共通)
  • DUAL CORE
  • 動作周波数:1.2GHz
GPU(MSM8260/MSM8660共通)
  • Open GLES 2.0およびOpen VG 1.1 対応GPU
  • 1080p動画encode/decode
  • WXGA 1280 x 800 r 24-bitカラー対応
無線部
  • MSM8260
    無線:HSPA+対応
  • MSM8660
    無線:HSPA+、CDMA2000 1xEV-DO Rev. B に対応(マルチモード)
Amazonが、写真で商品検索ができるアプリをリリースしました。
カメラで撮った写真から似た商品を検索する機能や、GPSから現在地に近いコンビニを検索し、受け取り場所として指定する機能などがあります。

アメリカでリリースされたAmazon MobileAmazon Remember を日本語化したアプリです。

画像による検察は、Google GogglesMicrosoft のVisual Searchなどなど多数出ています。

Google Goggles
画像検索ではなく、画像で検索する。目で見た物(カメラの画像)で検索します。
Appleのロゴを見せると、Apple社に関する情報を検索して表示します。
お台場ガンダムを見せると、お台場の潮風公園のマップを表示する(した?)らしい。
Microsoft のVisual Search
商品や人物などの写真によって検索する新サービス。写真をアップして検索するのではなく。
表示される写真を選択し、深堀してゆくことによる検索。字が読めない人向け検索エンジンのような感じ。
Google image swirl
これも、表示される写真を選択し、深堀してゆくことによる検索です。
Swirlの元になっているイメージ検索のアルゴリズムは、Googleの論文に記載 されています。
この論 文によると、各画像間にvisual-hyperlinkというリンクがあると想定し、画像検索が、このVisual-Linkをたどって検索し てくる確率を画像間の類似性がら予想するそうです。2つの画像が類似しているほ ど、その画像間のVisual-Linkをたどって検索する確率は高いと想定します。
このように確率によって重みづけられた結果に対して PageRankアルゴリズムを適用することにより、画像のRankを計算するそうです。
KDDI 位置情報付き写真でランドマーク名を推測する技術を開発
ユーザはランドマークを携帯電話で撮影し、検索サーバに 送信するだけで、そのランドマークの名称や、関連Web 情報を検索することが可能になるそうです。
カ メラでケンサク! ERサーチ開始ひっそり終了
au 携帯電話のカメラで撮影した画像から情報を無料で検索できるサービス「カメラでケンサク! ERサーチ」は、2008年のサービス開始から2年で終了しました。理由は不明。
カスタム検索

月別 アーカイブ