スマートフォンCPUがDual-Coreに

| コメント(0) | トラックバック(0)
数々のスマートフォンで採用されているQualcommのCPU「Snapdragon」にデュアルコア版がでました。
発表されたのは、MSM8260とMSM8660の2種類です。2種類とも、CPUに加え、GPUと無線部をチップ上に持っています。MSM8260とMSM8660の違いは、無線部です。

主な仕様は以下のとおり。

CPU(MSM8260/MSM8660共通)
  • DUAL CORE
  • 動作周波数:1.2GHz
GPU(MSM8260/MSM8660共通)
  • Open GLES 2.0およびOpen VG 1.1 対応GPU
  • 1080p動画encode/decode
  • WXGA 1280 x 800 r 24-bitカラー対応
無線部
  • MSM8260
    無線:HSPA+対応
  • MSM8660
    無線:HSPA+、CDMA2000 1xEV-DO Rev. B に対応(マルチモード)
IntelやAMDなどのPC用CPUもGPUを持っているものがありまが、SnapdragonはCPUとGPUに加え、携帯網対応の無線部をもっていることが特徴です。消費電力もATOMより低消費電力です。

今回発表のMSM8260とMSM8660は、Snapdragonシリーズの第三世代です。
  1. 第一世代:QSD8x50
  2. 第二世代:QSD8x50A
  3. 第三世代:MSM8260/MSM8660
ちなみに、MSMは、Mobile Station Modemの略です。
今までのSnapdragon採用実績は
  • ソニエリのXPERIA
  • GoogleのNexus One
  • HTC のDROID Incredible
  • 東芝のTG01
などなど多数あります。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/657

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ