WiMAXとCDMA2000両対応端末

| コメント(0) | トラックバック(0)
機種名 インタフェース 料金
 DATA01   USB   定額製
DATA02  Express Card
DATA03  USB    従量性 
DATA04  Express Card
昨年9月に発表されたWiMAXとauのデュアル端末が6月29日からやっと発売されるそうです(KDDI発表)。

発売されるのは、「DATA01」、「DATA02」、「DATA03」、「DATA04」の4種類。いずれも、WiMAX機能を搭載したWINデータ通信端末です。
「DATA01」と「DATA03」は料金プラン以外のハード仕様は同じで、「DATA02」と「DATA04」も同じ物のようです。USB接続タイプが「DATA01」と「DATA03」、Express Cardタイプが「DATA02」と「DATA04」と2種類ということになります。


WiMAXとCDMA2000間のハンドオーバー
WiMAXとCDMA2000を、双方の電波状況に応じて自動的に切り替えます。
詳細なハンドオーバー仕様は不明ですが、
  • 両方とも圏内ならWiMAXで接続し、
  • WiMAXが圏外となれば自動的にCDMA2000で接続。
  • CDMA2000で通信中にWiMAXの圏内に再度入れば、無通信になるのをまってWiMAXに切り戻す
ようです。
利用している網がWiMAXかCDMA2000かは、本体のLEDの色や、PC上のタスクアイコンの色でわかるようになっているようです。

料金
定額制や従量制などいくつかの料金プランがありますが、定額制プランだと、下限980円、上限5750円の使い放題です。
WiMAX単独の料金プランUQ FLATの4,480円より1,270円高くなっています。
発表から発売まで9か月かかった理由
発売の9か月前に発売という異例の遅さです。発表時には09年12月発売とされ ていたものが、6ヶ月後に発売されていることも不自然です。発売の9か月前に発売という異例の遅さです。発表時には09年12月発売とされていたものが、 6ヶ月後に発売されていることも不自然です。
ケータイ Watchの記事によれば、技術的な課題によるものだそうです。CDMA2000網とWiMAX網の間でハンドオーバーさせることが想定以上に時 間がかかり遅れたそうです。コグニティブは案外大変そうです。

共通基本仕様
対応OS 
Windows XP
Vista (32bit/64bit)
Windows 7 (32bit/64bit)
通信速度 

WiMAXエリア: 下り最大40Mbps/上り最大10Mbps
CDMAエリア: 下り最大3.1Mbps/上り最大1.8Mbps

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/693

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ