携帯端末向けマルチメディア放送は、ISDB-Tmm

| コメント(0) | トラックバック(0)
携帯端末向けマルチメディア放送は、NTTドコモ系列の「mmbi」が認可を受けることになりました。

mmbiが採用するISDB-Tmmの元になるISDB-TはARIBが仕様策定している日本の規格です。
規格名は、ARIB STD-B31で現在STD-B31 Version1.9が最新です。
国際規格としては、ITU-R勧告BT.1306 System CがISDB-Tです。
ITUでは他に3方式を規定しています。
  • ITU-R勧告BT.1306 System A = ATSC(米国方式)
  • ITU-R勧告BT.1306 System B = DVB-T(欧州方式)
  • ITU-R勧告BT.1306 System C = ISDB-T(日本方式)
これに中国のDMB-T/Hを加えた4方式が主な規格です。

ISDB-T採用状況
下記10ヶ国でISDB-Tの採用が決まっています。10ヶ国の総人口は5億3500万人です。

状況 人口(億人) 備考


日本 1.28 2003.12放送開始
ブラジル 1.84 2007.12放送開始
ペルー 0.28 2010.03放送開始
アルゼンチン 0.39 2010.04放送開始

チリ 0.16 2009.09採用決定
ベネズエラ 0.27憶 0.27 2009.10採用決定
エクアドル 0.13 2010.03採用決定
コスタリカ 0.05 2010.05採用決定
パラグア 0.06 2010.06採用決定
フィリピン 0.89 2010.06採用決定

中国13.3億人はDMB-T/H、インド11.7億人はDVB-Tを採用しています。
アメリカ合衆国3.1億人が採用するATSCを採用しています。
ISDB-TはATSCには勝っている感じです。

海外で採用されているISDB-T方式は、ISDB-TBであり、国内のISDB-Tとは完全に同一ではありません。
ISDB-Tは映像符号化方式として、MPEG-2(ITU-T Rec. H.262, ISO/IEC 13818-2)を採用しますが、ISDB-TBH.264/MPEG-4 AVCを採用しているなどの違いがあります。

なお、ISDB-TBのBは、Brazilian version.のBです。ブラジルでは、「ブラジル方式のデジタルTVシステム」という意味のポルトガル語SBTVD (Sistema Brasileiro de Televisão Digital)と呼んでいるそうです。国内仕様と海外仕様を区別する必要がある場合は、ISDB-T Internationalと呼ぶこともあるようです。

規格の壁を超える工夫

規格毎に、差はありますが、メーカーは差を乗り越えるための工夫をしています。

ISDB-TISDB-TB両対応LSI
MPEG2にもH.264にも対応したISDB-T用LSIが既に発売されています。

主要3規格対応局用送信機(トランスミッタ)
東芝は,地上デジタル放送で用いられる主要3規格(ISDB-T,DVB-T,ATSC)のすべてに対応した局用送信機(トランスミッタ)TDU7000を作っています。

アスペクト比
1080iや1080pの画像は、1440×1080と1920×1080があります。
1920×1080 は、207万画素で、アスペクト比16:9です。
1440×1080 は、155万画素で、アスペクト比 4:3 です。
しかし、ISDB-Tが使うMPEG-2 符号化パラメータに、aspect_ratio_information というパラメータがあり、4:3表示と、16:9表示を指定できます。
16:9表示指定があると、アスペクト比 4:3の1440×1080を横に引き延ばして16:9で表示します。
画素数1440×1080 は元々が、横×縦が正方形の画素ではなく、横長の長方形画素を前提とした画像ですので、引き延ばされて正常になります。画素数1440×1080 は元々は正方形の画素を前提としています。
MPEG-2 符号化パラメータには、frame_rate指定で、30fps、60fpsの指定もできます。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/771

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ