衛星通信対応のスマートフォン発売

| コメント(0) | トラックバック(0)
1つの携帯電話で、地上網(W-CDMA/GSM)と衛星網の両方に対応した、衛星通信対応スマートフォンの発売開始を9月21日にAT&Tが発表しました。

携帯が圏外でも、衛星経由で通信可能です。

RAN(Radio Access Network)
RANの仕様は以下のとおりです。

  • 衛星通信
    • GMR-1 3G: 2000-2010 MHz
    • 2190-2200 MHz (S-band)
  • 携帯網
    • W-CDMA/HSDPA: 850/1900MHz
    • GSM/EDGE: 850/900/1800/1900MHz
端末
Windows Mobile 6.5.3 Professional 搭載のスマートフォンです。
サイズは、やや大きめで118.8 mm x 64.8 mm x 19.25mm。
  • 重さ:約130g
  • 画面:2.6インチのタッチスクリーン
        320x240 (QVGA)
        Bright active matrix TFT 16M色
  • QWERTYキーボード(38キー)
  • Bluetooth v2.0, Class 2
  • WiFi 802.11b/g
  • USB 2.0 Hi Speed
       data modem接続可
       ファーム更新, ActiveSync対応
  • GPS対応
  • カメラ; 2百万画素, オートフォーカス, Digital Zoom

衛星
衛星は、TerraStar-1 衛星です。アメリカ全域を200以上のスポットビームでカバーします。
TerraStar-1は、西経111度の静止軌道、ユタ州のソルトレイクシティの南の赤道上にあります。
カバーエリアの図には各ビームのカバー範囲も描かれており、高緯度アラスカではスポットの形がゆがみ東海岸やハワイなど仰角の低い地域でもスポット歪んでいる様子がわかります。
スポットビームを領土にしたがって小まめに振りむけ、Puerto RicoやU.S. Virgin Islandsなどもカバーしています。


衛星のアンテナ
TerraStar-1は、携帯と通信する直径18メートルのSバンド用と、地上局と通信するKuバンドのアンテナを持っています。

アンテナが大きいだけでなく、TerraStar-1の重量も6.91トンと超大型衛星。
TerraStarは、21トンの打ち上げ能力をもつAriane-5ECAでフランス領ギアナから打ち上げられました。
日本の準天頂衛星「みちびき」を打ち上げたH2Aロケットの打ち上げの能力は、202型で4トン、204型で6トンのです。「みちびき」は、重量4.1トンです。

料金
基本料金は、月額 約2200円( $24.99)
音声通話は、1分 約56円(US$0.65)
データ通信は、1MB あたり $0.40

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/786

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ