Googleが無人自動車を開発中

| コメント(0) | トラックバック(0)
Googleが、レーダーやGPSを使った無人自動車は開発中だとNew York Timesが報道しています。
 

トヨタのプリウスにレーダーやGPSなどの各種センサーを搭載した試作車は、既に公道を走っていることは、Googleのブログにも掲載されています。

カリフォルニアの高速101号線を走っている写真も公開されています。



走行の様子
Google Campus 35から、101号線でシリコンバレーを30分ほど走った際の様子もレポートされています。
  • 走行ルートはGPS(カーナビ)で指示
  • 高速への進入と合流時の加速もスムーズで、車線変更もスムーズ
  • 法定速度きっちりで走行
    (道路標識で法定速度を認知しているのではなく、全ての道路の制限速度がデータベース化されているそうです)。
  • 一時停止位置ではきっちり一時停止
  • 横断歩道が近づくと女性の声で"approaching a crosswalk"で案内
    (システム不調の際も音声案内がでるそうです)
開発チーム
開発チームには、アメリカ防総省高等研究計画局(DARPA)主催のロボットカーレース「Grand Challenge」で2005年に優勝したスタンフォード大学のMontemerlo氏や、2007年に優勝したカーネギーメロン大学チームのリーダーUrmson氏が参加しているそうです。

自動走行システム
New York Timesの記事は、Googleストリートのデータが自動走行に使われていることは述べていますが、システムの詳細をのべていません。
しかし、開発リーダーのスラン氏のチームが「Grand Challenge」で優勝した時の車の詳細は、スタンフォード人工知能研究所のサイトに公開されています。
センサー
  • GPSアンテナ×1(位置情報用)
  • GPSアンテナx2(コンパス用)
  • 前方レーザーレンジセンサー×5(Driving Detection用 StanleyのSICK)
  • 前方レーダーアンテナ×2
  • 前方カメラ×1
  • 緊急停止システム用アンテナ×1(DARPAのシステムと直結)

制御システム
(トランクに搭載)
  • Pentium M搭載のブレードPC× 6
  • Gigabitイーサ-ネットスイッチ
  • 特注電源(電池つき)
位置はGPSで、レーダーで200先までを観測し、カメラが観測を補完。レザーは25mまでをさらに詳細に観測。GPS、レーダー、レーザーの観測結果は、最大毎秒100回非同期でつきあわせるそうです。
その結果、リアルタイムで位置精度15cmを達成しているとのこと(GPSだけで15cmの精度を得るためには、何分、何時間もその場所にじっとしていて観測する必要があります)。

自動走行は軍事目的から
アメリカ防総省高等研究計画局(DARPA)が何百万ドルもの賞金を出して「Grand Challenge」を開催しているのは、無人の軍事車両を作るためです。
無人航空機は、既に実用化しており、中東での活躍で有名になったプレデターは、偵察用のRQ-1から、ミサイル搭載も可能なMQ-1へと進化しています。
日本でも、自衛隊が遠隔操縦観測システム(FFOS)という無人ヘリを持っています。
それに比べて、地上車両の無人化は遅れています。そこで、民間の力を借りて、実用化を加速しようという目的で、「Grand Challenge」が行われています。

Googleは民間利用
自動運転のほうが人間が運転するより安全で、渋滞も起こしにくく、環境にも優しいそうです。

安全性
常時 360度を見ながら運転することができ、居眠り運転もせず、何かに気をとられることもなく、人間が運転するより安全だそうです。アメリカでは、2008年に3万7千人が交通事故で死んだそうですが、それより安全だといっています。
Googleのブログによれば交通事故による死者は全世界合計で年間120万になるそうです。自動走行により事故が100分の1以下になっても死者は1万人になります。全自動化した車で1万人も死んだら、メーカーが訴えられるようにおもいます。毎年、何千人、何万人もの死者がでるような工業製品が認められるとは思えません。

渋滞解消
自動運転なら、車間距離をつめても安全なので、交通渋滞緩和に貢献するそうです。
前の車にピッタリくっついて走る自動車に乗客として乗っているのはスリルがありそうです。

低燃費
自動運転のほうが燃費が改善するそうです。
なんとなく納得できます。
なぜGoogleが自動車?
Googleは、完全に無料でAndroidを提供していながら儲かっているそうです。モバイル端末でのネット利用が増え、モバイル端末への広告掲載・利用・アクセスが増えたからだそうです。

このロジックて推測すると、車の フロントウィンドウに広告とか掲載する戦略かもしれません。
運転を機械にまかせれば、人間は前を見ている必要がなくなります。
Googleには、フロントウィンドウが巨大なディスプレーに見えているかもしれません。

Androidで儲かっているGoogleが次は自動車ということかもしれません。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/797

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ