Googleが、スタンフォード大学と、FTTH

| コメント(0) | トラックバック(0)
Google が、1GbpsのFTTHサービスを、スタンフォード大学の住宅エリアで、展開します。
今回のFTTHサービスは、GoogleのFTTH事業開始に向けてのベータテストとのこと。
事業そのものとは別だそうですので、GoogleのFTTH事業誘致に狂奔している方々が心配する必要はないようです。

FTTH事業では、5万~50万世帯を対象にしていますが、今回は、実験ですので、850世帯を対象とした、小規模な展開です。

日本のインターネットは世界第3位以下

1GbpsのFTTHなどは、日本ではあたりまえですが、米国では超高速サービスとして注目されているようです。
モバイルも、40MbpsのWiMAXが全国カバーしており、日本のネット環境は、恵まれていますが、世界一ではないようです。

日本のインターネット回線速度は、下りが20.35Mbps世界4位
上りが11.01Mbpsで世界3位という統計を
Netindexが公表しています。
1位は、上り下りとも韓国。2位はラトビアです。

速度測定は、http://speedtest.net/を元にしているそうです。http://speedtest.net/では、世界各地のサーバーを指定して速度と遅延が測定できます。例えば、南アフリカのサーバーを指定して測定してみると。遅延が336msec、下り2.08Mbps、上り0.45Mbpsといった結果がでます。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/805

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ