Android 2.2で企業向けセキュリティ対策

| コメント(0) | トラックバック(0)
Google Android 2.2で、端末情報の遠隔消去、遠隔ロックなどの機能が盛り込まれます。
盛り来れるのは、

  • リモートワイプ(盗難、紛失時に遠隔で端末のデータ消去)
  • オートロック(スクリーンセイバーのように、放置するとパスワードロック)
  • パスワード設定の強制
  • パスワード最低長の設定
  • 文字と数字を含んだパスワード設定を強制
企業の管理者が、ユーザー端末から、会社情報だけを消去して、個人のデータを残すことも可能だそうです。

利用には、Google Apps Device Policy application が必要だそうです。


 iPhone in Business
Appleはすでに、遠隔消去、遠隔ロックなどに対応しています。
  • リモートワイプ
  • オートロック
  • パスワード設定の強制
  • パスワード最低長の設定
  • パスワード有効期限設定
  • VPN(IPSec,L2TP,PPTP,SSL VPN)
  • 利用アプリの制限
などなど、機能は豊富です。
セキュリティ設定・操作は、iPhone Configuration Utility 3.1 for Windowsfor Mac OS Xなどから可能です。
キャリアの対応
遠隔消去やロックなどのセキュリティ機能を、スマフォン向けにリリースしているキャリアは、ありません。

au by KDDI が先月発表したIS03 は、KDDIとしてリモートワイプなどに対応するようです。
Android 2.1のIS03は、OS標準のリモートワイプ機能がないため、KDDIがアプリ作りこみで対応しているもよう。
IS03は、Felica赤外線通信ワンセグなどiPhoneXperiaには無い機能をてんこ盛りにした何でもありのスマフォンですが、セキュリティ面でも、何でもありにこだわった結果のようです。

AppleやGoogleの機能を利用するかキャリアの機能を利用するかは、ユーザーのこのみのわかれるところです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/812

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ