アナログ電話やISDNの終了

| コメント(0) | トラックバック(0)
NTTが、PSTN / ISDNを2025年までに終了して、全てIP電話にすると発表しました(PSTNのマイグレーションについて)。

家電も、会社のPBXも、15年後には光ファイバーで接続したIP電話回線にしようという構想です。
PSTN / ISDNの良いところは
  1. 電源がなくても使える(局給電)
    ・停電時でも電話が使える
    ・コンセントが近くになくてもOK
  2. 端末がシンプル
    ・端末の互換性が高く、相性問題が発生しない
    ・PSTN端末は極めて低機能でよく、CPU,メモリなどは不要
    ・IP技術がいらない
  3. ケーブルがシンプル
    ・銅線2本で通信可能
    ・光ケーブル、UTPケーブルなどは不要
  4. 品質が安定している
    ・パケットロスやジッターの心配がない
    ・ISDNは帯域保障
  5. FAXやモデムによる通信が安定している
    ・IP電話では通信できない場合もある
などです。
PSTN/ISDNが、IP電話になってしまうと、これらのPSTN/ISDNの良さが失われます。
地震で停電になると電話も使えない、家に光ファイバー引き込まないと電話も使えない、FAXがつながらなくなった、というような事態が起こることが予想されます。
PSTN/ISDN インタフェースを提供しているサービスには、KDDIのメタルメタルプラス(直収)国際ISDN、ソフトバンクのおとくラインおとくライン ISDN1500などがあります。
これらのサービスは、独自設備に電話機を収容していますので、NTTのPSTN/ISDNが無くなっても使えます。しかし、KDDIやソフバンも15年後にPSTN/ISDNを終了にするかもしれません。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/816

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ