究極のP2Pは芸術

| コメント(0) | トラックバック(0)
公共の場所に設置したUSBメモリを媒介とする究極のP2P、「Dead Drop」を、作った人がいます。
壁のUSBにファイルを書きこんで公開、壁のUSBからファイルを読みこんで取り込みですので、
ネットワーク機器では、壁に埋め込んだUSBへのアクセスを防ぐことはできません。

破壊されていなければ、現在ニューヨークの5カ所にUSBが設置されているそうです。
  1. 87 3rd Avenue, Brooklyn, NY (Makerbot)
  2. Empire Fulton Ferry Park, Brooklyn, NY (Dumbo)
  3. 235 Bowery, NY (New Museum)
  4. Union Square, NY (Subway Station 14th St)
  5. 540 West 21st Street, NY (Eyebeam)
ソフトを使ったネット経由でのファイル交換はの規制は強化される傾向ですが、これを突破するためにやっているのではなく、芸術と技術の融合を目指すEYEBEAM の一環だそうです。

駅の伝言版に、USBメモリが埋め込んであったら、使う人いるでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konure.com/mt4/mt-tb.cgi/815

コメントする

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ