Dart VM搭載Chrome (Dartium)

Dart VM を搭載したChromeのプレビュー版をGoogleがリリースしました。
ニックネームは「Dartium 」です。
「The Chrome Blog」の発表
http://blog.chromium.org/2012/02/tech-preview-of-chromium-with-dart.html
「Dartium」のページ
http://www.dartlang.org/dartium/
Dart
Googleが開発しているウェブ・アプリケーション構築専用のプログラミング言語
Java Scriptと同じポジションにいるが、Dartはクラスベースのオブジェクト指向言語になっている。
2011年10月10日に発表されたばかり

Dartの実行環境

Dartの実行環境は2種類です。
  • ネーティブなVM上での実行
  • DartからJavaScriptへのクロス・コンパイラを使ってJavaScriptエンジン上で実行
今回はChromeにDart VMが搭載されました。

Dartの特徴
Dartの主な特徴としてDartのページ(http://www.dartlang.org/docs/technical-overview/index.html)に記載されているのは3つの「Key features 」は以下のとおりです。
  1. Classes
  2. Libraries
  3. Tooling
Classes
クラスベースとインタフェースをもつオブジェクト指向言語なので、カプセル化もできるし、再利用も容易。
Libraries
ライブラリを作り利用することができるので、共有ライブラリを活用した開発ができる。
Tooling
実効環境、ライブラリ、開発環境などのツールが豊富。
Dartのサイトhttp://www.dartlang.org/downloads.htmlから落とせるツール
  • Dart Editor
  • Chromium with the Dart VM (Dartium)
  • SDK
     DartからJavaScriptへのクロスコンパイラ
     Dart VM
     Dartライブラリ
  • ソースコード
DartとJava Script
Java Scriptを、モジュール化が可能なオブジェクト指向のプログラミング言語にして、大規模開発しやすくしたのがDartといった印象です。

Dartは構造化対応
Javaだと、最終的な全体像を考えてモジュール構成を決める必要がないので、思いついたままに書いても後ろめたさが無いので、ひとりでチマチマ作るの時は楽です。
しかし、自分で書いたコードも、後で見ると、何が書いてあるのか理解するのに時間がかかる時もあります。
モジュール化が可能なオブジェクト指向のプログラミング言語の作法だと、コードを全部読まなくても必要なことは理解できます。
チームで書くときとかは、他人の書いたコードを読んで中身まで理解する必要が無いので、効率的。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ