イーモバイルLTEで、現行サービスが犠牲に

イーモバイルは、1.7GHzに15Mhzの帯域をもっています。
そのうち10MHzを使って最大41Mbpsの3G(DC-HSDPA)サービスを展開しています。

報道どおり最大75MbpsのLTEを開始すると域は10MHz必要
10+10で20MHz必要ですが、利用可能な帯域は15MHz

LTEが75Mbpsで使えるエリアを広げると、3G(DC-HSDPA)エリアは縮小します。
最大42MbpsのDC-HSDPAエリアを広げると、LTEは最大37.5Mbpsになってしまいます。
とても悩ましいことになります

  • LTE優先エリア(LTE:75M、3G:21M)
LTEに10MHz 最大75Mbps(UE3)
3Gに 5MHz HSPAで大21Mbps

  • 3G優先エリア (LTE:38M、3G:41M)
LTEに 5MHz  最大37.5Mbps(UE3)
3Gに10MHz DC-HSDPAで最大41Mbps

イーモバイルが最大75MbpsのLTEエリアを拡大することは、3Gで最大41Mbpsが使えるエリアを縮小することを意味します。
LTEエリアが拡大したら3G(DC-HSDPA)は怒らないといけません。 

もともと3Gで最大41Mbpsが使えるエリアが少なかったんだから文句無いという人もいるかもしれませんが、3Gで最大41Mbpsが使えるエリアが今後拡大する可能性はグッと小さくなります。


基地局
イーモバイルは、既設のHSPA+(3G)の局を改良する3G/LTE共用基地局で、LTE対応を進めています。

ファーウェイは、イー・モバイル向けに1.7GHz帯で使える3G、LTE両対応のネットワークを展開すると発表しています。同社既存のSingleRAN(Radio Access Network、無線アクセスネットワーク)をもとにした基地局を提供します。

一部の装置に手を加えるだけで済むため、新たなLTE対応基地局を個別に設置しなくても、短期間に普及させられると見込んでいるようです。

短期間で42Mbps 3G(DC-HSDPA)エリアが縮小するということになりそうです。

1/14現在、イーモバイルのLTE基地局は、12局です。
短期間で急速に拡大しないとイーモバイルのLTEエリアは狭すぎて使い物になりません。
基地局数はhttp://www.konure.com/it/2012/02/lte-5.html にも記載しています。

コアネットワーク
コアネットワークはエリクソンが構築します。
ネットワークの運用に向けた設備関連の業務を一括で請け負うほか、ネットワークの最適化とそれに向けたコンサルティング、次世代のモバイルコアネットワーク設備も担当ようです。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ