低価格VPS続々

仮想専用サーバー(VPS:Virtual Private Server)の低価格が急速に進行中。

昨年11月にKDDウェブコミュニケーションが月額945円のVPSを始めたのきっかけで、各社が今月一斉に廉価版VPSをリリースしています。


各社のサービスを比較


提供会社 サービス名 月額 CPU
Core
メモリ
(GB)
HDD
(GB)
データ
転送量
固定
IP
回線
KDDI
ウェブコミュニケーションズ

Core Cloud VPS ¥945 1 2 100 無制限 1 100M
共用
NTT
コミュニケーションズ

Cloudn ¥945 0.25 0.5 15 無制限 1 200M
共用
さくらインターネット

さくらのVPS ¥980 2 0.5 20 無制限 1 100M
共用
お名前.com

VPS(KVM) ¥1,153 3 2 70 無制限 1 100M
共用

KDDIウェブコミュニケーションのCore Cloud VPS月額945円は、機材の確保数が追いつかず一時期新規受付を停止したほどの人気でした。
人気のCore Cloud VPSを、、各社は、ひとつの目安としていると思われます。

NTT-Cは、KDDIとピッタリ同額に合わせて、回線を太くし、CPU、MEM、HDDを削っています。
お名前.comは、KDDIよりCPUを2増やして、HDDを削っています。
さくらインターネットは、KDDIよりCPUを1増やして、メモリとHDDを削っています。


差別化努力

低価格化競争のようではありますが、各社は、差別化の努力もしています。
  • NTT-Cはロードバランサや管理用APIをを提供
  • お名前.comは完全仮想化と準仮想化方式を切り替え可能

更なる低価格化

とはいえ低価格の流れは止めようもなく、廉価なVPSが続々と出ています。

安ければ安いほど良いというわけではないでしょうが、VPSは低価格化しています。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ