ソフバンの基地局「激減中」

ソフトバンクが、基地局数14万達成宣言をしたのは昨年7月。
達成宣言以降8か月で、基地局は4割減少しています。

Softbank3G基地局数の推移.PNG

Softbank 3G(W-CDMA)の基地局数は、2010年夏から11年夏にかけて一気に10万局を増え、、11年夏から冬にかけて一気に6万局減っています。

ソフバンのW-CDMA 2GHzの基地局数は、総務省総合通信基盤局の「無線局情報検索」でみると、2011年5月28日時点は、140.132ありました。しかし、12年3月10日時点では86,154局に激減です。2月25日時点では、81,250局まで減っていました。
地域別でみると、関東の基地局数が最も減っています。
昨年5月時点では、ソフバン基地局数の33.5%が関東にありましたが、3月10日現在では、25.6%になっています。


所轄別基地局の分布率.PNG

なにが起きているのは不明です。

ソフトバンクから何の発表も無いので、自由に想像して遊んでみました。

疑問その1  14万局達成した直後から基地局を減らす理由は?
想像A: 14万局達成は宣伝目的であり、達成したら維持費がもったいないので撤去した
想像B: 14万局達成し、ボスの次の目標は利益1兆円なので、コスト削減のため撤去中
想像C: 立地を考えずに、急いで基地局立てたら、干渉等で品質劣化したので撤去した。
想像D: 急いで作ったので、故障が多い。修理が終われば、14万局に戻る。
想像E: ・・・・
疑問その2  なんで関東の基地局数が減るのか?
想像A: 急いで作るため近場の関東で基地局を沢山作った。増えすぎたので関東を減らした。
想像B: 近場の関東の基地局は、撤去費用が安いで、関東を減らした。
想像C: 関東にWi-Fiホットスポット沢山できたので、関東の基地局を減らした
想像D: 関東は通信品質が良いので、関東の基地局を重点的に減らした
想像E: ・・・・・
疑問その3  10万増直後に6万局も撤去したけど、建設費は?
(3Gの基地局は1局1から3千万円かかるので撤去した6万局分で、6千億から1.8兆円)

想像A: すぐに撤去する予定だったので、安い仮設局や「なんちゃって基地局」を立てた
想像B: PHSの大きな基地局のある場所に携帯基地局を置いただけなので、安かった
想像C: ベンダーから短期間だけ機器を借りてきただけなので、費用は安かった
想像D: iPhoneでもうかったので、1兆円くらい平気でドブに捨てた
想像E:  ・・・・・・・
疑問その4  どこまで基地局は減るのか
想像A:今後はLTEにするので、3G(W-CDMA)の基地局はもっと減る
想像B: 現状の水準で減少は止まる。
想像C: 今から増やして、再度14万局に戻る
想像D: ・・・・・

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ