USBポートから100ワット給電

USBポートから100ワットの給電ができるようになりました。
100ワット給電対応の、USB Power Delivery Specification Revision 1.0 が公開されています。
http://www.usb.org/developers/docs/ からダウンロードできます。

供給電力は、最大で 20V 5A 100Wです。
  • Profile 0 未使用(予約)
  • Profile 1 5V @ 2.0A
  • Profile 2 5V @ 2.0A, 12V @ 1.5A
  • Profile 3 5V @ 2.0A, 12V @ 3.0A,
  • Profile 4 5V @ 2.0A, 12V @ 3.0A, 20V @ 3A
  • Profile 5 5V @ 2.0A, 12V @ 5.0A, 20V @ 5A
どのProfileも5V 2AのUSBの基本はサポートしています。
コネクタはUSB3.0のコネクタから外観上の変更はありません。
Micro-Bコネクタは、4番ピンのID信号で供給電力を制御しますが、
Standard-Aコネクタは、IDピンが無いので、4つ接点が増え、10から13番Pinができています。
USB PDコネクタ.PNG黄色がUSB2.0以下で使うピン。
青がUSB3.0で追加されたピン。
赤がUSB-PD用に今回追加されたピンです。
12,13番ピンは一番奥にあって、コネクタが根元まで差し込まれているかを確認する仕様になっています。

なお、ピンの追加は受け側だけです。
USB PDの結線(micro).png USB PDの結線.png

供給能力が、100ワットあると、USB扇風機やUSBライトだけでなく、ディスプレイのUSB給電もできそうです。
USB湯沸かし器とか、USB半田ごてとか、たいていの家電製品はUSBで動きそうな気がします。
これからは、直流家電製品の時代になるかもしれません。

USB PDであることを示すアイコンは、以下のとおりです。
USB PDのアイコン.png

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ