Metro PCS, Sprint:通信業界再編

アメリカの通信業界の再編がにぎやかです。

2強のVerizonとAT&Tが安泰で、3位以下の各社が生き残りをかけた再編をしています。

場合によっては、ソフトバンクが全米1位の通信事業者になるかもしれません。

契約者数で比較すると、3位から5位の3社の加入者を合計して、やっと2位のAT&Tの契約者数に届くほど上位2社が頑張っています。

  1. Verizon Wireless ...約1億1千万
  2. AT&T Wireless  ... 約1億
  3. Sprint Nextel  (Sprint)... 6000万
  4. T-Mobile USA ... 3373 万
  5. Metro PCS ... 950 万
MetroPCS契約者数.PNG

3位のSPRINT

ソフトバンクに買ってもらおうとしているようです。

「ソフトバンク、米スプリントを救済か」とCNNは報道しています。
将来が危うくなった3位以下の通信事業者を、ソフバンが救済するといった見方をしています。

ソフトバンクは、3位のsprintだけ買ったのでは、弱小のままなので、5位のT-Mobileも買おうと思っているようです。


4位のT-Mobile

すでにドイツテレコムの子会社になっています。

しかし、4位の弱小通信事業者の将来に魅力を感じなくなったドイツテレコムは、T-MobileをAT&Tに売ろうとしました。
この、商談は成立せず、ドイツテレコムはT-Mobileの売り先を引き続き探しているようです。

そのT-Mobileが、5位のMetroPCSを吸収すると発表しました。
(2012年10月3日:T-Mobile USAが噂通りMetroPCSとの合併を発表
少しでも大きくなっていこうとしているのだと思います。

以下は、Metro PCSの決算発表資料からの、契約者数と、ARPU、売り上げの数字を引用です。

MetroPCS売上と契約者数の推移.PNG


ソフバンが全米No.1になる可能性

AT&TへT-Mobileを買ってもらえなかったドイツテレコムは、MetroPCSとT-Mobileをセットでソフトバンクに売るかもしれません。

Sprint と T-Mobile、MetroPCS が一つのグループになれば、AT&Tを抜いて全米No.2になります。No.1のVerizonとの差は、わずか数百万加入なので、ひょっとするとNo.1になるかもしれません。

資金はある?!

ソフトバンクが、Sprintが1.5兆円くらいで買うとすると、Sprintの5分の1以下の契約者数しかないT-Mobileは、2000億円くらいで買えるかもしれません。
Sprint と T-Mobile、MetroPCS の3社セットで1.7兆円くらいなら、ソフトバンクは買うかもしれません。

みすほコーポレートなどが、1.5兆円をソフトバンクに融資することを検討してるようです。
ドイツ銀行も2000億の融資を検討しているとの話もあります。
合わせて1.7兆の融資です。

規制は

米規制当局は昨年、AT&TによるTモバイルの買収案について、全国規模の無線通信業者が4社から3社に減るとの理由で反対しました。

ソフバンが、3位、4位、5位をまとめて1社にすると、全米規模の無線通信業者が4社から3社に減ります。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ